KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー

KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー


 SHINeeのKEYが、12月25日に神奈川・横浜アリーナで日本初のソロライブイベント【KEY LAND】を開催し、ライブレポートが到着した。
KEY(SHINee) その他ライブ画像

 12,000人を動員した本イベントでは、日本ソロデビュー1st Mini Album『Hologram』からの楽曲など全13曲を披露。抜群のファッションセンスで人気を誇るKEYらしく、パフォーマンスだけではなくファッショショーの要素も織り交ぜてイベントは進行。ランウェイには、サプライズで西内まりやもモデルで登場した。KEYの世界観満載の、華やかでポップなライブイベントが繰り広げられた。

 超満員の観客が詰めかける中、KEYがステージに登場すると「Chemicals」からイベントはスタート。切れ味鋭いパフォーマンスを見せたあと、曲の合間にファッションショーが繰り広げられる。多数のモデルが歩くランウェイに、サプライズで西内まりやが登場するなどステージは実に華やか。そこにゴールドをあしらった赤のジャケットを着たKEYが現れ、再び楽曲に戻るという他にはない演出で観客を楽しませる。続いて、ソロデビュー盤のリード曲「Hologram」を披露。ニュージャックスウィングのビートに乗せて、ダンサーとともにパワフルなステージを見せた。KEYは、「KEY LANDへようこそ! KEY LANDに入国されたみなさん、今日1日、素敵なクリスマスになるように歌って踊って楽しんでください!」と声を上げる。フレンドリーなムードでトークを進める彼は、『KEY LAND』の世界観の説明を行なった。「『SHINee WORLD』の中に5つの国があって、その中にKEY LANDがあります。コンサートとは違う、ライブもあればファッションショーもあってトークショーもある、自分らしい特別なショーになっています。この日が、みなさんの記念日になったらうれしいです」と語った。

 グルーヴ感溢れる「Good Good」、清涼感たっぷりな「Forever Yours」を披露したあとは、クリスマスらしさいっぱいの演出が展開。サンタとなったモデルとランウェイを歩くKEYは、SHINeeの「Downtown Baby」をクリスマスアレンジで歌唱。さらに「ファンのみんなと一緒に歌いたいです!」と語ると、「きよしこの夜」「ジングルベル」などクリスマスソングのメドレーを観客とともに歌った。

 メロウなラブソング「Why Are You Here (Feat. CoCo)」で大人っぽい世界を見せたかと思えば、TETSUYA(L'Arc~en~Ciel)が作詞作曲したロックチューン「POWER」でモデルとのランウェイが繰り広げられ、ポップな世界観で楽しませる。さらに、繊細なメロディとタイトなビートが絶妙なマッチングを見せる、韓国のソロデビュー曲「One of Those Nights」を歌唱し観客を熱狂させた。そして、KEYが作詞した楽曲「This Life」が歌われる。生きていく素晴らしさを歌った歌詞に合わせて、巨大なヴィジョンにはKEYの小さい頃から現在までの写真が映される。会場全体を最高の高揚感へとアップさせてイベント本編は終了。

 観客の鳴り止まないKEYコールに応えてのアンコールで、KEYは客席に登場。軽快なポップチューン「The Duty of Love」、R&Bナンバー「Easy to Love」を観客の間近で歌唱する。様々な世界が展開される『KEY LAND』ということで、KEYは観客とともに「群青の夜 ~One of Those Nights~」のMVをステージ上のLED画面で観覧。KEYの解説による生オーディオコメンタリーを楽しんだ。MCで、「僕は今まで、“いつも新しい姿をお見せできるようにがんばります”と言っていたんですが、今の時間を楽しむことも大事だなって思いました。なので、来年の抱負は、このまま活動を続けて、皆さんにお会いできる機会をつくっていきたいです」と、今後の抱負を語った。そして、日本語バージョンの「群青の夜 ~One of Those Nights~」をダンサーとともに渾身のパフォーマンスを見せた。

 【KEY LAND】を終えたKEYは、涙をこらえて現在の思いを口にする。「【KEY LAND】は、これからも続けていきます。新しい何かを作っていきたいと思います。入国されたみなさん、一緒に歌って踊ってくれてありがとうございました。正直、準備するときに、初めてひとりでこんなに大きな場所で歌って踊るので不安もありましたけど、僕の姿を笑顔で応援してくれるみなさんのために、ほんとにがんばって準備をしてきました。次にみなさんの前に立つときには、また笑顔で会いましょう!」と語ると、大きな拍手が送られる。そして、マイクを使わず「ありがとうございました!」と大声で叫んでイベントは締めくくられた。

 KEYの持つアーティスト性、ファッション感覚がしっかりと反映されたエンターテイメントショー。目まぐるしく変化するきらびやかな『KEY LAND』を、たっぷり堪能できるイベントとなった。ここからKEYはどんな世界観を見せてくれるのか、彼の今後の動向に注目しよう。なお、KEYの日本ソロデビューとなる1st Mini Album『Hologram』は、12月26日に発売された。

photo by上飯坂一
photo by上西由華

◎リリース情報
1st Mini Album 『Hologram』
2018/12/26 RELEASE
<LIMITED EDITION/初回限定盤(CD+DVD+撮り下ろしPhoto Booklet 32P(別冊)+KEY’s Christmas Grande Cards 10枚セット)>
UPCH-29315 3,758円(tax in.)
<AS USUAL/通常盤(CD+撮り下ろしPhoto Booklet 12P)>
UPCH-20506 2,570円(tax in.)

◎イベント情報
【KEY LAND】
2018年12月22日(土)神戸ワールド記念ホール ※終了
2018年12月25日(水)横浜アリーナ  ※終了


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい