BiSH、メンバーと清掃員の熱量がぶつかり合った幕張メッセ公演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BiSH、メンバーと清掃員の熱量がぶつかり合った幕張メッセ公演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BiSH、メンバーと清掃員の熱量がぶつかり合った幕張メッセ公演

BiSH、メンバーと清掃員の熱量がぶつかり合った幕張メッセ公演


 “楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、2018年10月から全国10か所で開催した初のホールツアー【BiSH BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR】のファイナルとして、幕張メッセ9・10・11ホールで【BiSH BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"】を開催した。
BiSH その他ライブ画像

 BiSH史上最大規模のワンマン公演として開催された同公演には17000人の清掃員(=BiSHファンの総称)が集結。午前中から#BiSH幕張がTwitterトレンド1位を獲得し、開演に向けて期待が高まっていく中、会場では開演前から大型LEDに映像が映し出されスモークが焚かれた。

 そして、風雨や雷のSEが響く中、シームレスに山田健人撮り下ろしのオープニング映像からスタート。映像にも登場した神父がステージに現れ、拘束器具に拘束されたBiSHメンバーの映像と連動して、1人ずつメンバーが召喚されるようにリフターでステージに登場。2人のギター、ドラム、ベース、キーボード、更に24人に及ぶストリングス隊をバックに1曲目、最新シングルの「stereo future」からライブがスタートした。メンバーは、50メートルに及ぶ花道を一気に駆け抜け、こちらもBiSH初の試みとなるセンターステージでエモーショナルなパフォーマンスを魅せる。

 スタンディングエリアに全方位を囲まれたセンターステージは、全方位4面LED構成となっており、メンバーが映し出される度に歓声が響き渡り、BiSH最大の武器であるメンバーと清掃員の熱量がぶつかり合うステージが展開されていく。ド派手なレーザーや照明演出、火柱、バーストに、山田健人によるスタイリッシュなVJ、映像演出。特に中盤に披露された「My landscape」では、センターステージ上から筒状の紗幕が降ろされ、紗幕に次々と映像が投影されていき、アイナ・ジ・エンドの絶唱とともに一気に紗幕が振り下ろされた瞬間に大きな歓声が上がるなど、この日のハイライトの1つとなった。

 アンセム「BiSH-星が瞬く夜に-」「MONSTERS」「スパーク」「beautifulさ」、17,000人の清掃員のシンガロングが響き渡った「GiANT KiLLERS」「サラバかな」「PAiNT it BLACK」や、激しいバンド演奏とシャウトが響きわたる「SHARR」「DEADMAN」、ストリングス隊を加えよりエモーショナルで壮大さを増した「プロミスザスター」「HiDE the BLUE」など“BEST of BiSH”とも言えるセットリスト。リリース当時、BiSHが武道館のセンターステージでパフォーマンスすることをイメージして作られれた振付である「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」で、本編は幕を閉じた。

 アンコールでは再びストリングス隊と供に「オーケストラ」、1人1人のMCでアイナ・ジ・エンドは「誰が何と言おうと今日のBiSHは最高でした」、モモコグミカンパニーは「ここが世界一幸せな場所です、ありがとう」と感謝を述べた。

 続く「ALL YOU NEED IS LOVE」では、ユカコラブデラックス、ハグ・ミィを含むBiSHのアーティスト写真が歌詞に合わせて展開されていき、最後は清掃員も肩を組みBiSHと一体になりシンガロング。ショーは大円団を迎えたと思いきや、エンドステージで「NON TiE-UP」を披露。山田健人によるリアルタイムVJ、この日1番のレーザーと照明によるド派手でストイックなパフォーマンスでこの日のライブは幕を閉じた。

 また、もはや定番と化したハシヤスメ・アツコを中心としたコントで、2019年4月からスタートする全国14箇所21公演のZEPPクラスのライブハウスを回る新ツアー【LiFE is COMEDY TOUR】の開催が発表されたほか、来年ハシヤスメ・アツコのソロデビューをWACK代表渡辺淳之介がOKを出すなど、波乱の展開になった。



◎セットリスト
【BiSH BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”】
幕張メッセ9・10・11ホール
OPENiNG
01. stereo future(with Strings)
02. BiSH-星が瞬く夜に-
03. SHARR
04. DEADMAN
05. スパーク
06. S・H・i・T
07. HiDE the BLUE
08. 本当本気
09. Life is beautiful
10. My landscape(with Strings)
11. FOR HiM
12. PAiNT it BLACK
13. サラバかな
14. JAM
コント
15. プロミスザスター(with Strings)
16. GiANT KiLLERS(with Strings)
17. MONSTERS
18. DA DANCE!!
19. SMACK baby SMACK
20. beautifulさ
21. BUDOKANかもしくはTAMANEGI
アンコール
22. オーケストラ(with Strings)
23. ALL YOU NEED IS LOVE
24. NON-TiE UP(with Strings)

◎ツアー情報
【LiFE is COMEDY TOUR】
2019年4月05日(金)神奈川・CLUB CITTA'
2019年4月12日(金)愛知・Zepp Nagoya
2019年4月13日(土)愛知・Zepp Nagoya
2019年4月20日(土)沖縄・ミュージックタウン音市場
2019年4月23日(火)東京・Zepp Tokyo
2019年5月03日(金)熊本・Be.9 V1
2019年5月05日(日)大阪・Zepp Osaka Bayside
2019年5月06日(月・祝)大阪・Zepp Osaka Bayside
2019年5月11日(土)北海道・Zepp Sapporo
2019年5月17日(金)福岡・Zepp Fukuoka
2019年5月18日(土)福岡・Zepp Fukuoka
2019年5月25日(土)宮城・仙台PIT
2019年5月26日(日)宮城・仙台PIT
2019年6月01日(土)富山・クロスランドおやべ
2019年6月15日(土)愛媛・松山市総合コミュニティセンター
2019年6月16日(日)香川・高松festhalle
2019年6月22日(土)広島・BLUE LIVE
2019年6月23日(日)広島・BLUE LIVE
2019年6月30日(日)新潟・新潟LOTS
2019年7月02日(火)東京・Zepp Tokyo
2019年7月03日(水)東京・Zepp Tokyo


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい