Kis-My-Ft2×子供の予測不能な番組へ、キスマイ“初”の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』が来年2月からスタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Kis-My-Ft2×子供の予測不能な番組へ、キスマイ“初”の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』が来年2月からスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Kis-My-Ft2×子供の予測不能な番組へ、キスマイ“初”の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』が来年2月からスタート

Kis-My-Ft2×子供の予測不能な番組へ、キスマイ“初”の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』が来年2月からスタート

Kis-My-Ft2初となる配信での冠番組『キスマイどきどきーん!』が、2019年2月8日(金)正午からレギュラー番組としてdTVで独占配信されることが明らかになった。

 Kis-My-Ft2は、グループ内派生ユニット「舞祭組」の活動や数々のバラエティ番組での体当たりのロケなどが印象的な異色のジャニーズグループ。これまで『キスマイ超BUSAIKU!?』『10万円でできるかな』など、地上波放送でも冠レギュラー番組を務めてきた同グループだが、配信では“初”の冠レギュラー番組となる。

 同番組では、配信という新たなメディアでのヒット番組の創出を目指すという想いの下、日本を代表する多くの人気アイドルが所属し、近年メディアの枠を超えて活動を展開するジャニーズ事務所と、国内最大級の会員数を誇る定額映像配信サービスdTVのタッグが実現。配信におけるオリジナルドラマの制作のみならず、バラエティ番組でのヒット創出に挑戦していきたいというdTVの狙いから、人気と実力を兼ね備え常に新たなことに挑戦を続けてきたKis-My-Ft2に出演を打診したかたちだ。

 番組は2019年2月8日(金)正午からの配信を皮切りに、毎週金曜日正午に最新話を配信していく。

 これまで数々のバラエティ番組への出演を通して、タレントとしての実力を磨いてきたKis-My-Ft2。『キスマイどきどきーん!』では、そんなキスマイメンバーたちが、大人たちの予想をはるかに超える言動や行動を繰り出すハチャメチャな<子供たち>という強敵に挑む。

 切れ味鋭い生意気な言動の自称・天才小学生や、長年想い続けた大好きな子へ熱すぎる想いを寄せる男の子など、個性溢れる子供たちによる素直すぎる物言いや破天荒な行動、さらには子供たちに困惑するキスマイメンバーのここでしか見られない素顔が見所だ。

 また、スマホやゲーム機器など家の中での遊びが充実した現代において、子供が自ら外で遊びたくなるような場を提供したいという想いから、番組企画として“キスマイパーク”構想を始動。実現時には、すべり台やブランコといった遊具を、メンバー自らがデザイン考案し、その制作過程を番組内で紹介していく予定とのこと。

 なお、番組ではキスマイパークを一緒に作りたいという想いを共有できる自治体関係者からの声掛けも待っているそうだ。問い合わせは「キスマイどきどきーん!」公式Twitterまで。



◎北山宏光コメント

Q:収録を振り返ってみて、いかがでしたか?また番組の見所を教えてください。
A:子供たちがすごく強烈で、「えっ、何その発想!?」ってことばかりでした。子供たちは自分の想像をはるかに超えていて、自分が大人になっていくにつれて、子供のような純粋さを忘れてきているんだと痛感しました。子供たちと触れ合うことは少ないので、普段は絶対しないメンバーの表情がたくさん出てくると思います。そこを楽しんでもらいたいです(笑)

Q:今後に向けての意気込みをお願いします!
A:僕たちを応援してくれるファンの皆さんも、僕たちを知らない人たちも、ぜひ子供と一緒に家族みんなで見てもらえたらうれしいです。バラエティ番組において、子供はコントロールができない最も難しい共演者の1人だと、教えて頂いたことがあるので、この番組を通して実力をつけていかないといけないなとも思っていますが、とにかく皆さんに愛してもらえる番組にしていきたいです。


◎玉森裕太コメント

Q:収録を振り返ってみて、いかがでしたか?また番組の見所を教えてください。
A:実際に企画の説明を受けた時と、収録を経験してみてのギャップがすごかったです。とにかく、子供たちは一筋縄ではいかないなと思いました(笑)子供の成長ぶりにはとにかく驚かされました。収録の最初と最後では子供の顔つきがまるで変わっていて、こんなにもすぐ人って成長するんだなと思ってとても感動しました。あと、男の子も女の子もすごくませてる(笑)僕たちの幼少期に比べたら、すごく大人なので、幼かった頃の自分と比較しながら見ると新しい発見があると思います。なかなか普段、子供と接する機会は少ないので、今までやったことない企画ばかりのこの番組はすごく新鮮でしたし、視聴者の皆さんにも新鮮に映るんじゃないかなと思います。

Q:今後に向けての意気込みをお願いします!
A:大人たちが予想できない子供たちの素の姿を、僕たちがうまく引き出せていけるように頑張りたいです。僕たちが子供たちに挑戦していく姿を、キスマイのファンの方はもちろんですが、色んな方に知ってもらいたいと思います。最終的には、家族で番組を見てくれた人が、番組に出演者として応募してくれる、そんな風に愛される番組を目指していきたいです。


◎千賀健永コメント
Q:収録を振り返ってみて、いかがでしたか?また番組の見所を教えてください。
A:すごく温かい気持ちになりました。子供ってなかなか自己表現ができないのかなって思ってたんですけど、実際にやってみると、僕たちが思った以上にちゃんと自分を表現していたし、与えたミッションを一生懸命クリアしていく様子を見て、逆に僕が学ばされました(笑)大人になると色々な知識が増えて自然と自分の中に選択肢を作りますが、子供にはその選択肢が無いので、言われたことに対して純粋に返せる。YESかNO。思ってる、思ってない。とか。選択肢が多いからこそ物事を決めきれない自分と比較すると、素直に自分の気持ちを伝えられる子供たちは、寧ろ僕より大人なんだと。世の中を知ってしまった大人たちにこそ、そんな子供たちの純粋さを見て、楽しんでもらいたいです。

Q:今後に向けての意気込みをお願いします!
A:子供から学ぶことがとても多いので、個人的な想いとしては、“子供を通して大人が学んでいく番組”を裏テーマに設定しつつ、子供の素直さに純粋に笑える企画も、奮闘する子供たちを見守る感覚で、温かく優しい気持ちになれる企画もあるので、ハートフルなバラエティ番組を目指していきたいと思います。


◎二階堂高嗣コメント
Q:収録を振り返ってみて、いかがでしたか?また番組の見所を教えてください。
A:めっちゃ楽しかったです!ちびっこたちの予想できない回答や行動が本当に面白かったです。すごく負けず嫌いな子や、すぐに泣きだしてしまう子など個性的な子供たちばかりで、素直に自分の気持ちを出してくるので、一緒にやっていてすごく楽しかったです。北山くんが、子供にお菓子あげるよって言っても「いや、お菓子なんかいらねーから」と言われてる姿とか(笑)予想できない子供の自由さと、それに振り回される僕たちを楽しんでもらいたいですね。

Q:今後に向けての意気込みをお願いします!
A:地上波放送ではできない、配信番組ならではのエッジの効いた振り切った企画をやっていきたいです。キスマイが体を張ったり、ちびっ子に振り回されたり個人的には、キスマイメンバーの1人が1日だけパパになって、赤ちゃんのおむつを替えたり、出しちゃいけない部分をキスマイが隠したりとか‥(笑)
パパになったことがないメンバーの混乱ぶりを楽しむ企画とかにチャレンジしていきたいですね。


◎番組『キスマイどきーん! キスマイどきーん! 』公式サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/j0001000


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい