ましのみ、ニュー・アルバム『ぺっとぼとレセプション』リリース発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ましのみ、ニュー・アルバム『ぺっとぼとレセプション』リリース発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ましのみ、ニュー・アルバム『ぺっとぼとレセプション』リリース発表

ましのみ、ニュー・アルバム『ぺっとぼとレセプション』リリース発表


 現役女子大生シンガーソングライターましのみが、企画ワンマンライブ【MashinomiX vol.1】を12月15日にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて開催し、 2019年2月20日に2ndアルバム『ぺっとぼとレセプション』をリリースすると発表した。
ましのみ その他ライブ画像

 キーボード弾き語りスタイルで活動するましのみは、2018年2月のデビューからコンスタントにワンマンライブの開催を重ねているが、今回行われたワンマンライブは通常のワンマンライブとはタイトルを変えて“MIX”という文字を入れ込み、異ジャンルのクリエイターとコラボレーションしたライブを行うことを標榜していた。

 そんな挑戦的な本企画ライブでの初のゲストパフォーマーには、イラストレーターのフクザワを起用。ましのみが激しくライブパフォーマンスする中、ステージ前面に立てかけられた約2m四方のキャンバスを前にライブペインティングを行い、ライブ中に大きなペンギンのイラストを描き上げると、 観客からは大歓声が上がった。

 イラストのモチーフにペンギンを用いたのはましのみからの発案。普段からペンギンに愛着を持つ彼女は、「羽を持たない鳥のペンギンはいつも下を向いているばかりいるように見えるが、いつか飛躍することを夢見ているんだ」ということを、 自分自身と重ね合わせているとのこと。今回のライブでも披露した、デビュー・アルバム収録の「名のないペンギン空を飛べ」の歌詞の世界観を、ライブの裏テーマとして具現化した形となった。

 ちなみに、サプライズで発表されたニュー・アルバムのタイトル『ぺっとぼとレセプション』は、デビュー・アルバム『ぺっとぼとリテラシー』からの流れを踏襲している。彼女がいつも携えている2Lの水の「ペットボトル」と、これから出会うであろうファンへの歓迎の意味合いも込めた「レセプション」との造語。サウンド的にはましのみが奏でるキーボードを軸にしたエレクトロサウンド中心のアルバムとなるという。

 その他にも、2019年1月21日にアルバムから「フリーズドライplease」が先行配信リリースされること、ファンクラブサイトの立ち上げ、初の大阪でのワンマンライブ開催も発表された。



◎リリース情報
アルバム『ぺっとぼとレセプション』
2019/02/20 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
PCCA-04748 / 3,500円 (tax in.)
<通常盤(CD)>
PCCA-04749 / 3,000円 (tax in.)

【CD収録予定楽曲(全13曲入り(曲順未定))】
「どうせ夏ならバテてみない?」
「コピペライター」
「タイムリー」
「ターニングポイント」
「美化されちゃって大変です」
「’s」
「Q.E.D.」
「フリーズドライplease」
「錯覚」
「ゼログラビティのキス」
「タイトル未定(弾き語り)」
「AKA=CHAN」※bonus track
「夢ノート」※bonus track

【DVD収録予定】
01「フリーズドライ please」 Music Clip
02. Digest of「ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2@代官山UNIT」
03. mashinoMISSion
04. Making of「フリーズドライplease」 Music Clip &「ぺっとぼとレセプション」 Jacket Shooting

◎ライブ情報
【ましのみワンマンライブ「ぺっとぼとリテラシーvol.3」】
2019年3月15日(金)大阪・アメリカ村BEYOND
2019年3月21日(木・祝)東京・渋谷ストリームホール


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい