辻村有記、2nd EP『Snowflakes』12/24リリース決定

Billboard JAPAN

 辻村有記が、冬のアンセムとなる楽曲を収録した2nd EP『Snowflakes』を12月24日にリリースすることが決定した。

 今作は辻村有記としては、約1年ぶりのEPリリース。“冬”をテーマに今、辻村が描きたいものを出し尽くして書き上げた4曲入りのEPとなる。

 この1年の間、自身のソロ活動においては時間をかけてゆっくり一つ一つの音と向き合ってきた意欲作であり、前作『POP』で作り上げた辻村有記のサウンドメイクを更に進化させていった本作。

 表題曲である「Snowflakes」、ラストを飾る「Sweet Sweet」では、Q;indiviのメンバーである及川リンをフィーチャリングしており、辻村のボーカルと及川リンのボーカルが絡み合う楽曲になっている。

 本作の収録楽曲のテーマは、本人曰く、“強さと弱さを兼ね備えた楽曲群”“音の上で踊る言葉を思い浮かべた”“寒空の下、ふと一人になって、ちょっぴり寂しくなってなんとも言えない切なさを味わった時に包み込めるような楽曲”“踊って泣いて笑顔になれるような楽曲”とのこと。


◎配信情報
EP『Snowflakes』
2018/12/24 RELEASE
※iTunes、レコチョクなど主要サイトで配信予定

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック