クイーンがストリーミング世界記録、グラミー賞ノミネート発表、アリアナ全米SG首位返り咲き:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クイーンがストリーミング世界記録、グラミー賞ノミネート発表、アリアナ全米SG首位返り咲き:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

クイーンがストリーミング世界記録、グラミー賞ノミネート発表、アリアナ全米SG首位返り咲き:今週の洋楽まとめニュース

クイーンがストリーミング世界記録、グラミー賞ノミネート発表、アリアナ全米SG首位返り咲き:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中のクイーンの話題から。このほど、「ボヘミアン・ラプソディ」のグローバル・ストリーミング再生数が世界で16億回を超え、20世紀の楽曲で最もストリーミングされた曲になったとユニバーサル・ミュージック・グループが発表。映画公開後、全米ソング・チャートで3度目のチャート・イン、ジャパンHot100でもTOP10目前まで順位を上げるなど、その大ヒットで各サービスでの再生が後押しされている。ギタリストのブライアン・メイは「ロック音楽の河がストリームへと姿を変えたんだな。自分たちの音楽が最大限に流れ続けていてすごくうれしい!」とコメントを残した。

クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」が世界で16億再生突破、20世紀の楽曲で最もストリーミングされた曲に
【深ヨミ】クイーン『ボヘミアン・ラプソディ』サントラ・映画のヒットとCDセールスの関係を調査
【ビルボード】映画『ボヘミアン・ラプソディ』サントラが7,398DLで2週連続ダウンロードAL首位 ToshIのカバー作が2位に
クイーンの楽曲、日本と世界のSpotify再生ランキングを比較

 2019年に【ロックの殿堂】入りする7組のアーティストが決定した。デビューから25年以上のミュージシャンが選出対象となっており、今回はザ・キュアー、デフ・レパード、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックス、レディオヘッド、ロキシー・ミュージック、ザ・ゾンビーズが選ばれた。今年は他にもディーヴォ、ジョン・プライン、クラフトワーク、LL・クール・J、MC5、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ルーファス&チャカ・カーンらがノミネートされていた。34回目となる式典は、米NYブルックリンのバークレイズ・センターで現地時間3月29日に行われる。

レディオヘッド/ザ・キュアー/ジャネット・ジャクソンら、2019年【ロックの殿堂】入りアーティストが発表

 【第61回グラミー賞】のノミネーションが発表された。レディー・ガガは初の主演映画『アリー/ スター誕生』のメイン楽曲「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」の<年間最優秀楽曲>、<年間最優秀レコード>など4部門とソロ名義の最新アルバム『ジョアン』での<ベスト・ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>と併せて計5部門にノミネート。今年9月に26歳の若さで亡くなった故マック・ミラーも<最優秀ラップ・アルバム賞>で自身初のノミネーションを受けている。他には、グレタ・ヴァン・フリートが<最優秀新人賞>を含む4部門に選出されている。授賞式は、現地時間2月10日に行われる。

レディー・ガガが【第61回グラミー賞】にて主要2部門含む5部門にノミネート
故マック・ミラー、【グラミー賞】に初ノミネート
グレタ・ヴァン・フリート、【グラミー賞】でポール・マッカートニーと共演したいと話す

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ミーク・ミルの新作『チャンピオンシップス』がNo.1デビュー。本作は1年半振り、通算4作目のスタジオ・アルバムで、2012年のデビューから全アルバムがTOP3入りを果たす事になった。シーズンを彩るクリスマス・アルバムもチャートを賑わせている。2週連続で5位のマイケル・ブーブレ『クリスマス』をはじめ、ペンタトニックスは10位の『クリスマス・イズ・ヒア!』を筆頭に3作をランクインさせた。マライア・キャリーの『メリー・クリスマス』も先週から順位をあげ14位と、TOP10入り目前となっている。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ミーク・ミル2作目の首位、リル・ベイビー/The 1975がTOP5デビュー
『チャンピオンシップス』ミーク・ミル(Album Review)

 今週の米ビルボード・ソング・チャートは、アリアナ・グランデの「サンキュー、ネクスト」が首位に返り咲き。記録尽くめとなったMV公開の効果でストリーミング・チャートを制し、視聴回数はテイラー・スウィフトを上回る女性アーティスト歴代最高記録に。更に主要3チャートで最もポイントが伸びた曲に送られる<Greatest Gainer>にも輝いた。また、アリアナはSNSで新曲「イマジン」のリリースを明らかにしており、彼女の勢いはまだまだ続きそうだ。ドレイクは今週6位に初登場したミーク・ミルの「ゴーイング・バッド」にフィーチャーされ通算33曲目のTOP10入り。男性ソロ・アーティストとしては歴代最多となった。

【米ビルボード・ソング・チャート】アリアナ・グランデ首位返り咲き、女性アーティストのストリーミング歴代最高記録更新
アリアナ・グランデ、「サンキュー、ネクスト」MVがYouTube&Vevoで数々の記録達成
アリアナ・グランデ、米ビルボード<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>受賞スピーチで今後の抱負を語る「何が向かって来ようが、それを受け入れることをとても楽しみに」
アリアナ・グランデ、新曲「イマジン」を今週リリース
アリアナ・グランデ、【スウィートナー・ワールド・ツアー】の追加公演を発表
アリアナ・グランデ、93歳の祖母が初タトゥーを入れる姿をインスタで公開


今週のその他の注目ニュース
テイラー・スウィフト、【レピュテーション・ツアー】のコンサート・フィルムをNetflixで配信することを発表
故プリンス、1995年以降の名作が特殊パープル盤アナログ・レコードで登場 第一弾は2/8発売
エルトン・ジョン、カリード「Young Dumb & Broke」の本人参加カヴァーを公開
チャーリー・プース&セレーナ・ゴメス「ウィー・ドント・トーク・エニモア」MVのYouTube視聴数が20億回を突破
ニッキー・ミナージュ/ポスト・マローン/リル・ウェインら参加、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』サントラのトラックリスト公開


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい