西野カナのベスト2作がトップ独占、back number「オールドファッション」総合1位、星野源『POP VIRUS』に山下達郎:今週の邦楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西野カナのベスト2作がトップ独占、back number「オールドファッション」総合1位、星野源『POP VIRUS』に山下達郎:今週の邦楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
西野カナのベスト2作がトップ独占、back number「オールドファッション」総合1位、星野源『POP VIRUS』に山下達郎:今週の邦楽まとめニュース

西野カナのベスト2作がトップ独占、back number「オールドファッション」総合1位、星野源『POP VIRUS』に山下達郎:今週の邦楽まとめニュース


 2018年12月3日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、西野カナの5年ぶりのベスト・アルバム2作品『Love Collection 2 ~pink~』と『Love Collection 2 ~mint~』がトップ2を獲得した。今年デビュー10周年を迎えた西野は『~pink~』と『~mint~』をそれぞれ58,154枚と57,019枚を売り上げ、フィジカル・セールス部門の1位と2位を独占。他指標では『~pink~』がダウンロード3位、ルックアップ4位、『~mint~』がダウンロード4位、ルックアップ6位となっており、全指標で上位を維持していることから、次週以降も好調なチャート・アクションを見せるのではないかと思われる。

 続く3位には、[ALEXANDROS]の約2年ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバム『Sleepless in Brooklyn』がチャートイン。初動3日間で27,250枚を売り上げた本作は、週後半でさらに約1万枚を売り上げ、初週累計37,839枚でセールス3位、ダウンロード5位、ルックアップ2位を記録している。

【ビルボード】西野カナのベスト2作品が総合アルバムTOP2独占 [ALEXANDROS]の7thアルバムが続く
【ビルボード】西野カナのベスト2作品が週間アルバム・セールス1・2位

 総合シングル・チャート“JAPAN HOT100”では、back number「オールドファッション」が、CDセールス1位の東方神起「Jealous」を抑えて総合首位に立った。前週、ダウンロード1位で総合8位にジャンプアップした本曲は、当週もダウンロード1位、そしてラジオとルックアップで1位となり、計3冠を獲得。初週累計88,955枚でシングル・セールス1位の「Jealous」は、Twitter1位、ダウンロード23位、ルックアップ4位で、シングルとTwitter以外の指標が伸び悩み、総合3位に留まった。ストリーミングで3週連続1位にステイのあいみょん「今夜このまま」は、総合8位に。2週連続で5曲を100位以内に送り込み、ストリーミングが牽引して、ダウンロードと動画再生回数でもポイントを積み上げている本曲は、シングル発売後もしばらくこの状況は続くことが予想される。

【ビルボード】back number「オールドファッション」がCDセールス1位の東方神起「Jealous」を逆転して総合首位獲得 ワンオク「Stand Out Fit In」は総合10位に初登場
【ビルボード】東方神起『Jealous』が88,955枚を売り上げ週間シングル・セールス首位獲得(※11/26訂正)

 11月26日~11月28日の集計では、AKB48の最新シングル『NO WAY MAN』が、1,329,001枚を売り上げてセールス首位を走っている。AKB48は、2018年にリリースした全4シングルがフラゲ集計分でミリオン・セールスを突破。今後どこまでセールスを伸ばせるのか注目したい。

【先ヨミ】AKB48『NO WAY MAN』が132万枚超で首位独走、今年4度目の初動ミリオン達成

 2018年12月5日に発表される総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”から、カラオケの指標が組み込まれることが決まった。通信カラオケDAMを運営する株式会社第一興商と、JOYSOUNDなどを運営する株式会社エクシングから提供される、カラオケ歌唱回数を元に独自のポイントを付与したランキング・データを集計。「今、ユーザーが実際に歌っている曲」を示す指標が加わり、同チャートを構成する指標は全部で8種類となる。一般的なヒット曲に加え世代を越えて歌い継がれる楽曲やVOCALOID関連楽曲など、より広範なユーザーの音楽嗜好をカバーし、これまで以上に多角的かつ多層的に“ヒット”を映し出す総合チャートに乞うご期待。

ビルボードジャパンの総合チャートに“カラオケ”指標が誕生! 大手2社による初のデータ提供が実現

 星野源が12月19日に発売するニュー・アルバム『POP VIRUS』に、山下達郎が参加していることが明らかになった。山下はアルバム7曲目のネオ・ソウル調の「Dead Leaf」に参加。星野自身が尊敬する山下はコーラスアレンジを担当し、幾重にも重なるコーラスを歌唱している。また、本アルバムを締めくくる14曲目の「Hello Song」を本人が試聴する様子が収録された動画も公開。約10分の映像で、本曲のワンコーラス試聴はもちろん、星野が語るアルバムの内容や詳細が楽しめる。

星野源のニューアルバム『POP VIRUS』に山下達郎の参加明らかに、アノ重厚なコーラスを披露
星野源、新AL収録曲「Hello Song」本人出演の動画を公開

 chayとCrystal Kayによる楽曲「あなたの知らない私たち」のミュージックビデオが公開された。土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』の主題歌である本曲は、深い情愛を描いており、色味を押さえたレトロな質感の中で目を引く赤いルージュが印象的な映像となっている。初めてダンスに挑戦したchayは「“意志堅固な女性”を演じたCrystal Kayさんと“したたかな女性”を演じた私の温度差がせめぎ合う愛憎劇をご覧下さい」とコメントしている。

chay&Crystal Kayコラボ曲「あなたの知らない私たち」MV公開

 11月26日に、小坂忠の名盤『ほうろう』を再現するコンサート【新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS】が東京国際フォーラム ホールAで開催された。武部聡志のプロデュースのもと、ユーミンこと荒井由実や矢野顕子、BEGIN、槇原敬之など豪華なゲストが多数出演した。『ほうろう』のプロデューサーを務めた細野晴臣は、「音楽はね、年取っても良くなる。渋くなる。ますます歌、いいですよね。素晴らしい」と話し、小坂と「ふうらい坊」と「ほうろう」を演奏。アンコールでは出演者全員が登場し、「ゆうがたラブ」を、ゲストミュージシャンたちのソロを交えて聴かせるという大サービス。レジェンド級のミュージシャンたちが一堂に会したこのコンサートの模様は2019年春にWOWOWで放送される。

ユーミン/矢野顕子/槇原敬之/高橋幸宏ら豪華ゲストも続々登場、小坂忠『ほうろう』ライブレポートが到着

その他今週の注目ニュース
椎名林檎、ライブ映像作品ノーカット版を4カ月連続放送決定
夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、ソロAL『夢眠時代』アナログ限定盤リリース決定
中島美嘉の冬の名曲、バレエ音楽の名作、ガガの新曲…、至極の音楽で彩る冬の注目映画をピックアップ
スキマスイッチ、初クリスマスソングがイオンCMテーマソング決定
齋藤飛鳥(乃木坂46)、連続ドラマ初主演決定


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい