ユーミン/矢野顕子/槇原敬之/高橋幸宏ら豪華ゲストも続々登場、小坂忠『ほうろう』ライブレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ユーミン/矢野顕子/槇原敬之/高橋幸宏ら豪華ゲストも続々登場、小坂忠『ほうろう』ライブレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ユーミン/矢野顕子/槇原敬之/高橋幸宏ら豪華ゲストも続々登場、小坂忠『ほうろう』ライブレポートが到着

ユーミン/矢野顕子/槇原敬之/高橋幸宏ら豪華ゲストも続々登場、小坂忠『ほうろう』ライブレポートが到着


 11月26日、武部聡志プロデュースによる一夜限りのコンサート【新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS】が東京国際フォーラム ホールAで開催された。

 【SONGS & FRIENDS】は、武部聡志が選ぶ『100年後も聴き続けてほしいアルバム』、つまり“名盤・名作”を、その音楽の遺伝子を受け継ぐアーティストたちが再現するというプレミアムなコンサート。今年3月に、第1弾として荒井由実の『ひこうき雲』をフィーチャーし開催されたが、今回はその第2弾として開催された。フィーチャーされるアルバムは、1975年にリリースされた小坂忠の『ほうろう』。斬新なサウンド、表現力豊かなハイレベルなボーカル、そしてその後の日本のミュージックシーンを作り上げるミュージシャンたちの演奏。発売から40年を超えても、聴くたびに新しい衝撃を与えてくれる名盤だ。総合演出は第1弾に続いて、松任谷正隆が担当した。

 大きく分けて4部構成になっている今回のコンサート。鬼無宣寿ゴスペルクワイアによる「You Are So Beautiful」、そして小坂の娘・Asiahのボーカルと武部聡志のピアノによる「Unforgettable」からスタートした第1部は、1972年に結成された「小坂忠とフォージョーハーフ」のメンバーが登場。松任谷正隆、林立夫、後藤次利、駒沢裕城という豪華メンバーと一緒にアルバム『もっともっと』に収録されている「好きなんだから」「どろんこまつり」を演奏。さらに、その頃から親交があった高橋幸宏を呼び込み、「からす」も披露した。

 第2部は、ゲストミュージシャンたちが武部バンド(武部聡志、小倉博和、根岸孝旨、屋敷豪太)の演奏で、小坂の楽曲を独自の解釈で歌い、演奏するコーナー。さかいゆうによる「氷雨月のスケッチ」、田島貴男を加えてソウルフルに歌い上げた「流星都市」、槇原敬之によるスライ・ストーン風アレンジの「機関車」、Charがギターと歌で魅せた「Hot or Cold」など、オリジナルとは違った魅力を感じさせてくれた。

 第3部はアコースティックコーナー。ここで登場したのは、小坂の1stソロアルバム『ありがとう』にスタジオミュージシャンとして参加していた荒井由実。ステージに登場したユーミンは、「六本木に『SPEED』というディスコがあって、そこにエイプリル・フールというバンドで出てらしたのを見た、中学生の時に」と初対面のエピソードを語った。「その忠さんのエイプリル・フールを見て、すごいかっこいい!と思った。ロン毛のパンチで、チャイナサンダルを履き潰していて、パンタロンを履いて、ヒッピーでしたね。ベースが細野(晴臣)さんで、ドラムが松本(隆)さんで。洋楽みたいって言い方も変だけど」と、続けてその当時の印象を語った。さらに「有名な話ですけど、はっぴいえんどのボーカルに本当は誘われてたんでしょう?」と質問をすると、小坂は「そういう将来のバンド活動の話をした時も、一緒にやるというハッキリとした話はなかった」と答えたが、「でも、松本さんはそう言ってたよ」とユーミンが言うと、「じゃあ、ハッキリ言って欲しかったな(笑)」と答えて会場を和ませた。その流れで、小坂と2人で「みちくさ」を聴かせてくれた。その後も、BEGINや矢野顕子が登場するなど、豪華なアーティストリレーは続いた。

 第4部はレジェンドバンドのコーナー。松任谷正隆、武部聡志、鈴木茂、林立夫、小原礼と「流星都市」「氷雨月のスケッチ」を、吉田美奈子を呼び込んで「しらけちまうぜ」を、尾崎亜美が登場して「機関車」を演奏。そして『ほうろう』のプロデューサーを務めた細野晴臣が満を持して登場。「本当に『ほうろう』のマルチトラックを聴いた時に、感激しました。細野くんのベースが」「いつの話?」「2010年」「あ、あれね。いいアルバムだね」「20代のみんなの演奏が素晴らしい」「20代っていうのはピチピチしてますから(笑)」と会話し、「音楽はね、年取っても良くなる。渋くなる。ますます歌、いいですよね。素晴らしい」と細野が話した後、「ふうらい坊」「ほうろう」を演奏した。そして、「Jesus Loves Me~Amazing Grace」で本編を締めくくった。

 ここまででも十分豪華な内容だったが、アンコールでは出演者全員が登場し、「ゆうがたラブ」を、ゲストミュージシャンたちのソロを交えて聴かせるという大サービス。そして、小坂と武部による「You are so Beautiful」が、映画のエンドロールのように、この伝説的な一夜の余韻を味わせてくれた。
 “奇跡”が裏テーマだとMCで語っていた通り、レジェンド級のミュージシャンたちが一堂に会したこのコンサートはまさに奇跡と言って過言ではない。
 このコンサートの模様は2019年春にWOWOWで放送されることが決定している。

photo:中嶌英雄、三浦麻旅子、西岡浩記


◎番組情報
『新日本製薬:presents  SONGS & FRIENDS 小坂忠「ほうろう」』
2019年春放送予定


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい