テイラー新レーベルと契約、スヌープがハリウッド殿堂入り、アリアナが全米SG連覇:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テイラー新レーベルと契約、スヌープがハリウッド殿堂入り、アリアナが全米SG連覇:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

テイラー新レーベルと契約、スヌープがハリウッド殿堂入り、アリアナが全米SG連覇:今週の洋楽まとめニュース

テイラー新レーベルと契約、スヌープがハリウッド殿堂入り、アリアナが全米SG連覇:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、日本でワールド・ツアーを締めくくったばかりのテイラー・スウィフトの話題から。フリー・エージェントになり約1か月、11月19日にテイラーがユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)と新たなグローバル契約を締結したことを発表。米国内ではUMGのレーベル、リパブリック・レコードと提携も行う。自身のインスタグラムで両社のCEOとの写真を投稿し「彼らとUMGのチームが今後私のレーベル・ファミリーになることにとても感激している。原盤の権利をすべて自分で所有できることにも心を躍らせている」と綴った。これで2006年からのレーベル、ビッグ・マシーンを去ることになったが、創立者への感謝を表するなど、わだかまりはないことも強調している。

テイラー・スウィフト、ユニバーサル・ミュージック・グループと新たなグローバル契約を締結
テイラー・スウィフト、『レピュテーション』来日公演の当日券販売が決定

 スヌープ・ドッグのハリウッド殿堂入り式典が行われ、2,651人目となるお馴染みの星形プレートがお披露目されるとともに、記念の盾が授与された。米LAの観光名所ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームで行われた式典には、クインシー・ジョーンズ、ドクター・ドレー、ファレルら数々の著名ミュージシャンが駆けつけ晴れ舞台に華を添えた。そして何より彼らしさを見せつけたのが受賞スピーチ。通常こうしたスピーチでは、家族や仲間などに感謝の意を表すものだが、スヌープは長年インスピレーションの源となってきた人物…自分自身に感謝するというユーモラスな内容で観客の笑いを誘った。

スヌープ・ドッグがハリウッド殿堂入り、ユーモラスな受賞スピーチで笑いを誘う

 11月18日、米ラッパーの6ix9ine(シックスナイン)とかつての仲間2人が、米ニューヨークで恐喝容疑と銃器法違反で逮捕された。彼は2015年の未成年への性的暴行容疑で執行猶予4年の判決を受けたばかりだったため、今回ほぼ確実に実刑を受けるだろうと米メディアは報じている。起訴状によると、彼は犯罪を実行中に発砲した罪を含む6件の訴因で告発されており、有罪になれば終身刑、または最短でも25年の実刑を言い渡される可能性がある。尚、翌19日に行われた罪状認否手続きで最高で170万ドル(約1億9,170万円)の保釈金を提示したものの保釈が認められず、米ブルックリンのメトロポリタン拘置所への収容が続いている。

6ix9ine(シックスナイン)再び逮捕、有罪なら終身刑も
6ix9ine(シックスナイン)、約2億円の保釈金を提示するも却下
6ix9ine(シックスナイン)、「自身の音楽の宣伝のために“ギャングスタ・イメージ”を演じている」と弁護士が無実を主張6ix9ine(シックスナイン)、2015年の容疑で4年の執行猶予判決
ニッキー・ミナージュ、逮捕された6ix9ineにメッセージを送る「ダニー、愛してる」
6ix9ine(シックスナイン)、カニエとのMV撮影中に発砲事件が発生
6ix9ine(シックスナイン)、2015年の容疑で4年の執行猶予判決

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、カントリー・シンガー、ケーン・ブラウンの新作『エクスペリメント』が、自身初のNo.1デビューを飾った。本作はデビュー・アルバム『ケーン・ブラウン』から2年ぶり、2作目のスタジオ・アルバムで、カントリー・アルバム・チャートでは2作連続の1位に輝く結果となった。2位には、イマジン・ドラゴンズの約1年半ぶりの新作『オリジンズ』が登場し、2012年のデビュー・アルバムから4作連続のTOP3入りを果たした。3位は米オハイオ州の若手ラッパー、トリッピー・レッドの新作『ア・ラヴ・レター・トゥ・ユー3』と、今週はTOP3全てが初登場作品となった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ケーン・ブラウン自身初の首位、イマジン・ドラゴンズ/トリッピー・レッド/故リル・ピープらTOP5デビュー

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、アリアナ・グランデの「サンキュー、ネクスト」が首位をキープ。ストリーミング・チャート、デジタル・セールス・チャートの主要2チャートを制し、ポップ・ソング・チャートでも先週の33位から20位に大きく順位を上げている。新たに今週TOP10入りしたのは、8位のパニック!アット・ザ・ディスコ「ハイ・ホープス」。これは2006年以来12年ぶりの快挙で、オルタナティブ・チャートでは2週目、ロック・ソング・チャートでは3週目のNo.1に輝いている。前回TOP10入りしてからの期間としては、故ドビー・グレイ、ポール・マッカートニーに次ぐ歴代3位となっている。

【米ビルボード・ソング・チャート】アリアナ・グランデ2連覇、パニック!アット・ザ・ディスコが12年ぶりにTOP10入り


今週のその他の注目ニュース

ヘイリー・ボールドウィン、インスタのアカウント名を“ヘイリー・ビーバー”に変更
アダム・レヴィーン、スーパーボウル・ハーフタイム・ショー出演について明言を避けつつコメント
米ビルボード主催【ウィメン・イン・ミュージック】、新たにシザ/ケイシー・マスグレイヴスらの受賞が発表
クラフトワーク、2019年4月に来日決定
ケイティ・ペリー、フォーブス誌の2018年最も稼いだ女性ミュージシャンに


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい