BTS (防弾少年団)、米レコード協会により「MIC Drop」がプラチナ認定&『LOVE YOURSELF 結 “Answer”』がゴールド認定

Billboard JAPAN

 2018年11月9日、BTS (防弾少年団)の「MIC Drop」がアメリカレコード協会(RIAA)によりプラチナ認定された。同時に、8月にリリースされた『LOVE YOURSELF 結 “Answer”』が早くもゴールド認定されている。

 彼らにとって初のプラチナ・シングルとなった「MIC Drop」は、2017年9月にリリースされた『LOVE YOURSELF 承 “Her”』に収録されており、デザイナーをフィーチャーしたスティーヴ・アオキによるリミックス・ヴァージョンは11月にリリースされた。RIAAに楽曲がプラチナ認定されるには、デジタル・ダウンロードとオーディオ/ビデオ・ストリーミングの合計が100万ユニットに達する必要がある。ストリーミングは150再生が1ユニットに相当する。

 アルバム『LOVE YOURSELF 結 “Answer”』のゴールド認定は、BTSにとって初の快挙で、K-POPのアルバムが認定されるのも今回が初めてとなっている。RIAAによるゴールドは50万ユニットで、1ユニットとは、フィジカル1枚のセールス、アルバムから10曲ダウンロード、またはアルバムから1,500回のオンデマンド・オーディオおよび/またはビデオ・ストリーミングに相当する。

 『LOVE YOURSELF 結 “Answer”』は初週累計185,000ユニットを売り上げて9月1日付の米ビルボード・アルバム・チャート”Billboard 200”で1位を獲得した。母国では累計203万枚以上売り上げており、2010年に発足した韓国のガオン・チャート史上最も売れたアルバムとして認定されているほか、韓国のアルバムとして史上最も売れた作品の仲間入りを果たしている。

 また、アルバム収録曲「IDOL」もゴールド認定され(50万ユニット)、BTSにとって「DNA」、「FAKE LOVE」、「MIC Drop」に続く4枚目のゴールド・シングルとなった。「IDOL」もBTSオンリーのヴァージョンと、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたリミックスがリリースされている。

 BTSは現時点で最も多くRIAA認定を受けているK-POPアーティストだ。スティーヴ・アオキとの最新コラボ曲「Waste It On Me」は11月10日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で89位を記録した。現在彼らは来日ドーム・ツアーの真っ最中で、11月23日、24日に京セラドーム公演が控えている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック