『11月19日はなんの日?』世界トイレデー、音楽史に残る「トイレジャケット」の話 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『11月19日はなんの日?』世界トイレデー、音楽史に残る「トイレジャケット」の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『11月19日はなんの日?』世界トイレデー、音楽史に残る「トイレジャケット」の話

『11月19日はなんの日?』世界トイレデー、音楽史に残る「トイレジャケット」の話


 11月19日は「世界トイレデー」。劣悪な衛生環境のトイレが与える人体への影響を世界中の人に訴えるべく、2013年に制定された「世界トイレデー」。国連のプレスリリース(2015年度)によると、全世界で3人に1人は改良型衛生施設を利用できず、8人に1人が屋外で排せつしているそう。世界において間違いなく「トイレ先進国」である日本。来日したアーティストが暖かい便座やウォシュレット機能に感激したという話も、これまで多数のメディアにとりあげられている。

 ここで「世界トイレデー」にちなみ、音楽史に残る「いわく付きのトイレジャケ」のエピソードを2つほど。まずは、音楽史においてもっとも有名な「トイレジャケ」と言っても過言ではない、ローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケット』(1968年)。同作はストーンズ黄金期の幕開けとされる名盤であり、それと同時にこのジャケットにまつわるエピソードもファンの間で広く知られている一枚だ。現在流通しているこの「トイレジャケ」は、リリース当時レコード会社に発売を拒否され、別のジャケットでリリース、1984年のリマスター盤でようやくバンドの意向に沿ったこの「トイレ」ジャケでのリリースとなった、いわく付きのジャケットなのである。

 そしてもう1枚は『ベガーズ・バンケット』の発表からさかのぼること2年、男女混声コーラス・グループ、ママス&パパスのデビュー作『夢のカリフォルニア』(1966年)だ。バスルームのバスタブ部分にメンバー4名がすし詰め状態になっている、なんともシュールなジャケット写真。今ではあまり考えられないが、当時は写真に便器が映り込んでいることが物議を醸し、セカンド・プレスからは便器が見えないようトリミングされてしまったのだ。

 「世界トイレデー」にちなみ、今日はいつもそばにある「トイレ」の存在に感謝して1日を過ごしてみては。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい