YouTubeの音楽アプリYouTube Musicがスタート、歌詞やキーワードでも曲の検索が可能 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

YouTubeの音楽アプリYouTube Musicがスタート、歌詞やキーワードでも曲の検索が可能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
YouTubeの音楽アプリYouTube Musicがスタート、歌詞やキーワードでも曲の検索が可能

YouTubeの音楽アプリYouTube Musicがスタート、歌詞やキーワードでも曲の検索が可能


 YouTubeの新たな音楽アプリ、YouTube Music(https://youtu.be/7ePhUVJQs00)が11月14日より日本でもスタートした。

 利用形態は、無料版と有料版のYouTube Music Premiumの2種類。検索機能が強化されていることが大きな特徴で、楽曲名やアーティスト名が分からなくても、歌詞の一部やキーワードを入れるだけで楽曲を探しあてることができる。英語の歌詞をカタカナで検索したり、「車 CM」などでも曲を検索できるのが、Googleならではと言えるだろう。

 また、YouTubeにアップされたミュージックビデオも同じアプリケーション内で見ることができ、ホットリストという画面を開くと、現在ヒットしているアーティストのミュージックビデオが一覧になっている。そして有料版のPremiumに加入すると、広告が非表示となり、さらに、別のアプリケーションを開きながら音楽を聴くことができるバックグラウンド再生や、楽曲を一時的に保存できるオフライン再生も利用することができる。

 さらに海外では既に展開されていたYouTubeの有料サービスYouTube Redがリブランドされ、YouTube Premiumとして日本でもスタート。YouTube Premiumを利用すると、YouTube Music Premiumが利用できる他、音楽以外の動画も広告非表示や、バックグラウンド再生で視聴することができる。また、YouTubeのオリジナルコンテンツであるYouTube Originalも視聴することが可能となる。

 それぞれの利用料金は、YouTube Music Premiumは980円(iOSは1,280円)、YouTube Premiumは1,180円(iOSは1,550円)となっている。また、Googleでは現在Google Play Musicが提供されているが、今後はYouTube Musicに統合される予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい