WONKのドラマー荒田洸、ボーカルを務めた初のソロEP『Persona.』を12月リリース 収録曲が先行配信 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

WONKのドラマー荒田洸、ボーカルを務めた初のソロEP『Persona.』を12月リリース 収録曲が先行配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

WONKのドラマー荒田洸、ボーカルを務めた初のソロEP『Persona.』を12月リリース 収録曲が先行配信

WONKのドラマー荒田洸、ボーカルを務めた初のソロEP『Persona.』を12月リリース 収録曲が先行配信


 名だたる国内大型フェス出演、海外公演なども精力的に行うエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKのリーダーでありドラマーの荒田洸が、自身初となるソロ作品『Persona.』を12月12日にリリースすることが発表された。

 荒田洸は、WONKのリーダー/ドラマー/ビートメーカー。クリス・デイヴやクエストラヴを彷彿とさせる圧倒的なドラミングでフロアを沸かす彼のスタイルは日本の音楽シーンにおいても異彩を放っており、WONKのほか、現行のJ-HipHopシーンを牽引するラッパー唾奇やISSUGI、IOらのバンドマスターも務める。また、レーベルメイトであるMELRAWの1stアルバム『Pilgrim』や唾奇のシングル『7日後』をはじめとしたプロデュース作品も多数行っている。

 初のソロ作品『Persona.』では、自身初となるボーカルも務め、ダニエル・シーザーやフランク・オーシャンを想起させるスウィートで深みのある歌声で現行のJ-R&Bの一歩先を行くチルなアンビエントR&Bを展開。また演奏陣には、ジム・ホールやロン・カーターに学びジャズ界を牽引し続けるギタリスト井上智をはじめ、菅田将暉のサポートでも知られるベーシスト越智俊介、唾奇などとの客演でも知られるシンガーkiki vivi lily、EPISTROPHの同胞・安藤康平といった今まさに旬のアーティスト達がバックを固め、幻想的でいて芯の通った世界観と何度も聴ける耳触りの良い本格サウンドを作り上げている。

 また、同作の収録曲である「Silent Heart」の先行配信が本日11月14日よりスタートした。


◎リリース情報
EP『Persona.』
2018/12/12 RELEASE
EPST-015 1,500円(tax out)
トラックリスト:
01: Silent Heart
02: Apartment
03: Hypnotic Mess
04: Flood & Edge
05: Moon River
発売元 : epistroph株式会社
レーベル : EPISTROPH

先行配信シングル「Silent Heart」
Guitar: Sho Ogawa
Bass: Shunsuke Ochi
Rhodes, Hammond: Jun Miyakawa

All Other Sounds by Hikaru Arata


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい