MONKEY MAJIK、全国ツアー初日にサンドウィッチマンに次ぐ仙台コラボ第2弾を発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MONKEY MAJIK、全国ツアー初日にサンドウィッチマンに次ぐ仙台コラボ第2弾を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
MONKEY MAJIK、全国ツアー初日にサンドウィッチマンに次ぐ仙台コラボ第2弾を発表

MONKEY MAJIK、全国ツアー初日にサンドウィッチマンに次ぐ仙台コラボ第2弾を発表


 MONKEY MAJIKが、全国ツアー【MONKEY MAJIK Tour 2018 ~Singles Collection~】の初日公演を、2018年11月11日に東京・NHKホールで開催した。
ライブ写真(全4枚)

 約1年ぶりとなる今回のツアーは、デビュー曲から最新曲までタイトル通り数々のシングル曲をメインに構成されており、アコースティックからロックナンバーまで、ドラマやCM曲としても馴染みのあるMONKEY MAJIKの代表曲を一挙に披露。12月末まで全国13公演が行われる。

 ホールが暗転し期待が高まる中、バックシルエット越しにメンバーが登場すると、待ちわびた3500人の観客からは大きな拍手が。MONKEY MAJIKは手を挙げそれに応えながらステージに立ち、新旧を織り交ぜたロックナンバー8曲を立て続けに披露し、会場を沸かせた。

 ライブの後半に入ると、MCでメイナード(vo,g)が「実は今日、発表があります。12月5日にニュー・シングルのリリースが決まりました。サンドウィッチマンとのコラボレーションに続く、コラボ第2弾です」と伝えると、観客席からは大歓声が沸き起こった。

 ニュー・シングルは「クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW-」。1992年にリリースされた稲垣潤一の名曲「クリスマスキャロルの頃には」をMONKEY MAJIKがリメイク、稲垣潤一(仙台出身)本人が歌唱参加し、ヒップホップユニットGAGLE(仙台在住)もラップやアレンジで加わった、仙台にゆかりのある3アーティストによるコラボレーション曲で、12月5日から配信限定でリリースされる。

 「今日は稲垣さんもGAGLEもいないけれど、僕たちだけで歌います」とメイナードが言うと、ピアノに乗せてブレイズが歌い始め初披露した。サビのフレーズはそのままに、ヴォーカル2人のハーモニーが新鮮で、MONKEY MAJIKが新たに書き加えたパートも印象的であった。



◎リリース情報
配信シングル「クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW-」
アーティスト名:MONKEY MAJIK × 稲垣潤一 × GAGLE
2018/12/05 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい