【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く

【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く


 2018年11月5日付(集計期間:10月22日~10月28日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、TBS系アニメ『ゾイドワイルド』のオープニング・テーマであるジェジュンの「Defiance」が制覇した。
 
 「Defiance」は、10月15日付の同チャート初登場15位、10月22日付には17位、そして前週10月29日付にはTOP10に浮上していたが、いずれもCDリリースやダウンロード解禁前のTwitterのみの指標でチャートインを果たしており、話題となっていた楽曲。当週ついにCDリリースとダウンロードのポイントが加算されたことで2位以下に大差をつける形で首位となった。指標では、セールスとTwitterのポイントでそれぞれ2位に約3倍もの差をつけ1位、また、ルックアップでは3位となっている。今後は、当週7位となったダウンロードの指標とルックアップのポイントを伸ばすことができれば、同チャート上位をキープできる可能性もあるので、引き続きチャート・アクションに注目していきたい。

 続く2位にチャートインしたのは、映画『魔法少女リリカルなのは Detonation』主題歌となっている水樹奈々の「NEVER SURRENDER」。同曲はエアプレイでとルックアップで1位、セールスとTwitterで2位、ダウンロードで3位と高順位のポイントを多指標で積み上げるも2位に留まった。

 また、TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のテーマ・ソングとなっている藍井エイルの「アイリス」(エンディング・テーマ)が3位、LiSAの「ADAMAS」(オープニング・テーマ)が4位に続けてチャートイン。指標の中でも2人それぞれの強みでもあるダウンロードで「アイリス」「ADAMAS」とTOP2を独占しており、この牙城を当分守ることができるのかが気になるところ。「ADAMAS」についてはCDのリリースが12月となっているため、それまでダウンロード以外にもTwitterやストリーミングの指標をさらに伸ばしていけるかがカギとなるだろう。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「Defiance」ジェジュン
2位「NEVER SURRENDER」水樹奈々
3位「アイリス」藍井エイル
4位「ADAMAS」LiSA
5位「打上花火」DAOKO×米津玄師
6位「オーディナリィ・クローバー」桜守歌織(CV:香里有佐)、最上静香(CV:田所あずさ)、望月杏奈(CV:夏川椎菜)、百瀬莉緒(CV:山口立花子)、宮尾美也(CV:桐谷蝶々)
7位「Symphony」Luce Twinkle Wink☆
8位「スパッと!スパイ&スパイス」ツキカゲ(CV:安齋由香里、沼倉愛美、藤田茜、洲崎綾、のぐちゆり、内田彩)
9位「ピースサイン」米津玄師
10位「Red Swan」YOSHIKI feat.HYDE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい