ヒットを体感するのは、セールスではなくストリーミング?! あいみょんが上位を席巻【Chart insight of insight】

2018/10/27 19:30

ヒットを体感するのは、セールスではなくストリーミング?! あいみょんが上位を席巻【Chart insight of insight】
ヒットを体感するのは、セールスではなくストリーミング?! あいみょんが上位を席巻【Chart insight of insight】


 チャートがCDの売り上げだけで推しはかれなくなっている昨今、何を基準にヒット曲といえるのかも相当変化している。ツイッターのつぶやき数やラジオのオンエアなど様々な指標があり、それぞれ特徴的ではあるが、もっとも一般的なヒットの感覚は、もしかしたらストリーミングかもしれない。

 例えば、今週のHot100のストリーミングのチャートでいえば、トップ3は、DA PUMP、MISIA、Nissyとなっている。おそらく、音楽ファンでなくても耳にしている楽曲ばかりではないだろうか。これらの楽曲は、Hot100の総合順位は、それぞれ5位、7位、21位となっているが、体感的にはもっと上位に感じるのは確かだろう。

 そんな中、ストリーミングで躍進しているのが、あいみょんだ。Hot100の総合で22位の「マリーゴールド」は、ストリーミングでは堂々の4位を記録している(【表1】)。この曲は8月にリリースされてからはロングセールスとなっているが、CDセールスやラジオのオンエアなどは大幅に下降しているにもかかわらず、ストリーミングに関してはベスト10圏内をずっと横ばい状態で、落ちる気配が一向にない。長く聴き続けられている楽曲としては、MISIAなどと並べてもまったく遜色がない、この様子だとさらに上位に進む可能性もある。

 あいみょんの強さは別格で、ストリーミングでの100位以内に6曲もチャートインしている。Hot100の総合では49位、ストリーミングでは9位にランクインした「君はロックを聴かない」に至っては、グラフを見ればほぼストリーミングのみのポイントで上位に残っていることがよくわかる(【表2】)。

 音楽の聴き方が大きく変化している時代だけに、ヒットの生まれ方も変わってきている。あいみょんは、そんな過渡期ならではの成功例を持つストリーミング時代のスターなのかもしれない。Text:風奏陽

あわせて読みたい

  • 2019年の上半期を代表するのは誰?! あいみょん、米津玄師、星野源【Chart insight of insight】

    2019年の上半期を代表するのは誰?! あいみょん、米津玄師、星野源【Chart insight of insight】

    Billboard JAPAN

    6/10

    今年最大のロングセールスとなるか?! Official髭男dismがチャートを席巻【Chart insight of insight】

    今年最大のロングセールスとなるか?! Official髭男dismがチャートを席巻【Chart insight of insight】

    Billboard JAPAN

    8/13

  • CDセールスとストリーミングはどちらが重要か?!あいみょんとSKE48の違いを考える【Chart insight of insight】

    CDセールスとストリーミングはどちらが重要か?!あいみょんとSKE48の違いを考える【Chart insight of insight】

    Billboard JAPAN

    12/25

    ロングセールスのキーは3つの要素?! あいみょんとDA PUMPの売れ方とは【Chart insight of insight】

    ロングセールスのキーは3つの要素?! あいみょんとDA PUMPの売れ方とは【Chart insight of insight】

    Billboard JAPAN

    2/25

  • 売れ方に大きく変化あり?! あいみょんの「ハルノヒ」が特別な理由【Chart insight of insight】

    売れ方に大きく変化あり?! あいみょんの「ハルノヒ」が特別な理由【Chart insight of insight】

    Billboard JAPAN

    4/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す