BTS&スティーヴ・アオキ再タッグ、ガガがトランプ政権を批判、マルーン5「ガールズ・ライク・ユー」5週目の首位:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BTS&スティーヴ・アオキ再タッグ、ガガがトランプ政権を批判、マルーン5「ガールズ・ライク・ユー」5週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BTS&スティーヴ・アオキ再タッグ、ガガがトランプ政権を批判、マルーン5「ガールズ・ライク・ユー」5週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

BTS&スティーヴ・アオキ再タッグ、ガガがトランプ政権を批判、マルーン5「ガールズ・ライク・ユー」5週目の首位:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、BTS (防弾少年団)の話題から。 BTS (防弾少年団)の「MIC Drop」をリミックスしたスティーヴ・アオキが、再び彼らとタッグを組んだ新曲「Waste It On Me」を現地時間2018年10月25日にリリースし、同曲のリリック・ビデオも公開した。今楽曲は、愛する人とずっと一緒にいたいという恋情と胸の高まりが、高揚感溢れるシンセによって表現された、上品なEDMトラックに仕上がっている。話題の絶えないBTSは今週、韓国・ソウルで開催された【2018大韓民国大衆文化芸術賞】授賞式で花冠文化勲章を受章。ジミンは授賞式終了後に勲章の写真をSNSに投稿し、「一緒に受章した賞だ。本当にありがとう」とA.R.M.Y.に感謝した。

BTS (防弾少年団)のRM、「tokyo」など収録したプレイリストを10/23にリリース
BTS (防弾少年団)のRM、“プレイリスト”『mono.』を発表&収録曲「forever rain」MV公開
スティーヴ・アオキ、DJ機材がスミソニアン博物館で展示
BTS (防弾少年団)のRM、HONNEプロデュース曲「seoul」のリリック・ビデオを公開
スティーヴ・アオキ&BTS (防弾少年団)が再タッグ、10/25に新曲「Waste It On Me」をリリース
スティーヴ・アオキ&BTS (防弾少年団)の新曲「Waste It On Me」のリリック・ビデオが公開
BTS (防弾少年団)、【2018大韓民国大衆文化芸術賞】授賞式で花冠文化勲章を受章

 続いて、アリアナ・グランデが【スウィートナー・ワールド・ツアー】の日程を発表した。ツアーは、2019年3月18日に米NYアルバニーでキックオフし、6月18日に同じくNYのマディソン・スクエア・ガーデン公演でフィナーレを迎える。現在明らかになっているのは北米とカナダの日程のみだが、他国のツアー日程も近々発表される予定とのことだ。そして、全米5位を獲得したエラ・メイが、デビュー・アルバム『エラ・メイ』をひっさげたワールド・ツアー【ザ・デビュー・ツアー】を発表。本ツアーは、来年1月8日に英バーミンガムでキックオフし、その後ヨーロッパとアメリカ、カナダを巡る予定となっている。

アリアナ・グランデ、【スウィートナー・ワールド・ツアー】を発表
アリアナ・グランデ、【スウィートナー・ツアー】発表へ向けて最終調整をしていることを明かす
エラ・メイ、全米5位のデビュー作をひっさげたワールド・ツアーを発表
『エラ・メイ』エラ・メイ(Album Review)

 2018年10月22日、レディー・ガガが米国のトランプ政権がトランスジェンダーの存在を認めない措置を検討していることについて、LGBTQの人々を擁護するメッセージをツイートした。トランプ政権は性の定義を生まれた時の生物学的な性別に限定し、心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上認めなくすること検討していると米紙ニューヨーク・タイムズが21日に伝えている。また今週は、ジャスティン・ビーバーが11月6日に行われる米中間選挙への投票を呼びかけた。カナダの国籍を持つジャスティンは、投票権はなく、今回の選挙には参加できないが、今回の中間選挙が2020年の大統領選へ向け、いかに重要な選挙であることが伺える。

レディー・ガガ、トランスジェンダー排除を検討しているトランプ政権を批判「リーダーシップが無知によって動かされている」
ジャスティン・ビーバー、米中間選挙への投票を呼びかける

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックが2週目の首位獲得を果たした。先週、2018年にリリースされたサントラ盤としては最大の初動ユニット231,000を獲得し、No.1デビューした本作。今週も、143,000ユニットと高い数字を維持し、86,000枚を売り上げ、セールス・チャートでも2週目の1位をキープした。また今週は、本作を豪華アーティストたちがカバーした『グレイテスト・ショーマン:リイマジンド』より、2曲のカバーが公開され、グラミー受賞歴もあるP!NKと彼女の愛娘による「ア・ミリオン・ドリームズ」のメイキング映像も公開された。

【米ビルボード・アルバム・チャート】『アリー/スター誕生』首位キープ、クエイヴォ新作2位に浮上
映画『グレイテスト・ショーマン』から「ア・ミリオン・ドリームズ」カバー公開 P!NK&愛娘が歌う

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、マルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」が5週目の首位獲得を果たした。週間1億2,000万回を記録し、通算13週目のエアプレイ・チャートを制した今楽曲。これにより、2017年に同チャートで12週をマークしたエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」を抜き、この10年においては最も長い首位獲得総週を更新した。そして今週、今楽曲に参加しているカーディ・Bが待望の新曲「Money」をドロップした。当初の予定より2日前倒しの解禁となったが、これに対しカーディはインスタグラム・ライブでニッキー・ミナージュの熱狂的なファンのせいにする発言をし、話題となっている。

【米ビルボード・ソング・チャート】マルーン5&カーディ・Bが5週目の首位、ドレイクがビートルズの記録抜く
カーディ・B、新曲「Money」をドロップ
カーディ・B、新曲リークはニッキー・ミナージュのファンの所業と示唆「あいつら私のことが大嫌いとか言ってるけど、本当は大好きなんだ」


今週のその他の注目ニュース

ジェイ・Z&ビヨンセ、【オン・ザ・ラン・ツアーII】が約285億円の総収益で閉幕 前回のジョイント・ツアーに比べ132%増益
ショーン・メンデス&ゼッド、映画『ロスト・イン・トランスレーション』をオマージュした「ロスト・イン・ジャパン」のMV公開
リアム・ペイン、ゴシップ・メディアの姿勢を批判「いいかげん女性に対してもう少し敬意をもって接するべき」
トラヴィス・スコット、ドレイクとのコラボ「Sicko Mode」のMVを公開
アリアナ・グランデの元婚約者ピート・デヴィッドソン、公の場で初めて破局に言及「ルームメイト探してる人いない?」


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい