インディ・ポップの気鋭アーティスト12組による大瀧詠一カヴァーアルバム、ダイジェストムービー公開

2018/10/25 12:45

インディ・ポップの気鋭アーティスト12組による大瀧詠一カヴァーアルバム、ダイジェストムービー公開
インディ・ポップの気鋭アーティスト12組による大瀧詠一カヴァーアルバム、ダイジェストムービー公開


 少林兄弟、ayU tokiO、OLD DAYS TAILORら、新進気鋭のアーティストたちによる大瀧詠一作品カヴァー集のダイジェストムービーが公開され(https://youtu.be/sEGAwpQdlLk)、あわせて11月4日に行われるリリース記念イベント開催が発表された。
ダイジェストムービー
 この『大瀧詠一 Cover Book -ネクスト・ジェネレーション編- 『GO! GO! ARAGAIN』』は、本家本元ザ・ナイアガラ・エンタープライズの楽曲管理部門である“ARAGAIN”(NIAGARAを逆から読んだアナグラム)が制作協力。大瀧作品を愛して止まないネクスト・ジェネレーションのポストJ-POPアーティストたちによる最新型のカヴァー集だ。
 公開された映像には収録アーティストによる貴重なショットの他、小西康陽氏による推薦コメントなどを観ることが出来る。
 尚、このカヴァー集はCDに先行して11月3日の“レコードの日”にアナログ盤として発売される。
 また、11月4日には“レコードの日”総合イベントとして、『GO! GO! ARAGAIN』リリース記念ライブが17時より渋谷ストリームホール6Fにて開催される。
 出演アーティストはayU tokiO、OLD DAYS TAILOR、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、KEEPON、柴田聡子inFIRE、Spoonful of Lovin'、秘密のミーニーズ、bjons、やなぎさわまちこ。総合司会はパイドパイパーハウス店長長門芳郎、ゲストDJ&トークで橋本徹(SUBURBIA)、トークゲストとして野宮真貴が出演予定。こちらは事前申し込み制の入場無料イベントになっている。


◎リリース情報
大瀧詠一 Cover Book -ネクスト・ジェネレーション編- 『GO! GO! ARAGAIN』
2018/12/3 RELEASE
MHCL-2794 2,500円(tax out)
◎収録予定曲
1. 少林兄弟「君は天然色」
2. キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「指切り」
3. ayU tokiO「幸せな結末」
4. bjons「雨のウェンズデイ」
5. 秘密のミーニーズ「春らんまん」
6. KEEPON「ロックン・ロール・マーチ」
7. 柴田聡子「風立ちぬ」
8. トリプルファイヤー「朝寝坊」
9. やなぎさわまちこ「うれしい予感」
10. OLD DAYS TAILOR「Velvet Motel」
11. Spoonful of Lovin’「それはぼくじゃないよ」
12. シャムキャッツ「夢で逢えたら」
*収録内容変更の可能性あり
◎イベント情報
【『GO! GO! ARAGAIN』リリース記念ライブ】
2018年11月4日(日)
START 17:00
渋谷ストリームホール6F
Music Festival 応募窓口 https://smw2018-live.peatix.com

あわせて読みたい

  • 大瀧詠一が『夢で逢えたら』でやりたかったこと
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    大瀧詠一が『夢で逢えたら』でやりたかったこと

    週刊朝日

    4/6

    「夢で逢えたら」60曲以上収録の大瀧詠一作品集Vol.3発売決定! 歌姫シリア・ポール『夢で逢えたらVOX』の展開写真公開も

    「夢で逢えたら」60曲以上収録の大瀧詠一作品集Vol.3発売決定! 歌姫シリア・ポール『夢で逢えたらVOX』の展開写真公開も

    Billboard JAPAN

    12/25

  • 吉岡聖恵(いきものがかり)・吉田美奈子らが参加決定、『夢で逢えたら』のみ70曲以上収録の大瀧詠一作品集

    吉岡聖恵(いきものがかり)・吉田美奈子らが参加決定、『夢で逢えたら』のみ70曲以上収録の大瀧詠一作品集

    Billboard JAPAN

    1/19

    大滝詠一×佐野元春×杉真理『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』40周年記念盤の内容発表

    大滝詠一×佐野元春×杉真理『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』40周年記念盤の内容発表

    Billboard JAPAN

    10/29

  • 野宮真貴による「渋谷系を歌う」究極ベストが発売 「東京は夜の七時」 新録ではピチカート・ファイヴ解散後の“小西康陽プロデュース+野宮歌唱”が実現

    野宮真貴による「渋谷系を歌う」究極ベストが発売 「東京は夜の七時」 新録ではピチカート・ファイヴ解散後の“小西康陽プロデュース+野宮歌唱”が実現

    Billboard JAPAN

    8/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す