【ビルボード】BUMP OF CHICKEN、「話がしたいよ」で3週間ぶりのDLソング・チャート首位デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BUMP OF CHICKEN、「話がしたいよ」で3週間ぶりのDLソング・チャート首位デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】BUMP OF CHICKEN、「話がしたいよ」で3週間ぶりのDLソング・チャート首位デビュー

【ビルボード】BUMP OF CHICKEN、「話がしたいよ」で3週間ぶりのDLソング・チャート首位デビュー


 2018年10月29日付(10月15日~21日集計)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ」が47,823DLを獲得し、初登場1位となった。

 BUMP OF CHICKENは「シリウス」が10月8日付のチャートで首位デビューを果たしており、3週間という短いスパンで再び1位を獲得する快挙となった。また、「シリウス」の首位デビューの2か月前となる8月6日付のチャートでは「望遠のマーチ」が初登場1位をマークしており、彼らの人気と多作ぶりが窺える。「話がしたいよ」はラジオ・エアプレイで2位をマークし、総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”では4位に初登場。この曲と「シリウス」が収録されたシングル盤は11月4日にリリース予定となっている。

 24,500DLを獲得し、14位から3位へランクアップしたのは、MISIAの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」。前週TOP10圏内から転落してしまった同曲だが、この曲がアンコールで披露されたスペシャル・ライブが14日に開催されたことなどで露出が広がったことから巻き返しを図り、“JAPAN HOT100”では7位につけている。

 5位には、BTS (防弾少年団)の「FAKE LOVE」が、17,612DLを獲得して再浮上。11月7日に発売されるニューシングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」に先駆けて、10月16日にJapanese ver.が先行リリースされたことをうけてのランクアップとなった。同曲は、今年8月にリリースされ、ここ日本をはじめ世界中のチャートを席巻した『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer'』に収録されている「FAKE LOVE」の日本語バージョンとなっている。なお、先日BTSのメンバーのRMが7曲入りの“プレイリスト”を公開しており、次週のチャート・アクションにも期待がかかる。

 当週はTOP10初登場曲が1位の「話がしたいよ」のみで、11位に初エントリーとなったBABYMETALの「Starlight」は、惜しくもTOP10入りを逃している。


◎【Download Songs】トップ10
1位「話がしたいよ」BUMP OF CHICKEN(47,823ダウンロード)
2位「Lemon」米津玄師(36,551ダウンロード)
3位「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA(24,500ダウンロード)
4位「ADAMAS」LiSA(18,945ダウンロード)
5位「FAKE LOVE」BTS (防弾少年団)(17,612ダウンロード)
6位「U.S.A.」DA PUMP(13,983ダウンロード)
7位「天国のでたらめ」ももいろクローバーZ(13,949ダウンロード)
8位「my 10plate」十龍之介(佐藤拓也)(12,771ダウンロード)
9位「half of me」平井堅(11,405ダウンロード)
10位「イルミネーション」SEKAI NO OWARI(9,848ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい