【米ビルボード・アルバム・チャート】『アリー/スター誕生』首位キープ、クエイヴォ新作2位に浮上

Billboard JAPAN

 映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックが2週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 先週、2018年にリリースされたサントラ盤としては最大の初動ユニット231,000を獲得し、No.1デビューした『アリー/スター誕生』。今週も、143,000ユニットと高い数字を維持し、86,000枚を売り上げ、セールス・チャートでも2週目の1位をキープした。

 主演で本作のリードを担当するレディー・ガガにとっては、2011年リリースの2ndアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』以来、およそ7年ぶりとなる2週連続の首位獲得。その他の1位を獲得した3枚のアルバムは、すべて1週でランクダウンしている。全米映画ランキングでは、『ヴェノム』に続いて2位をキープし、2,800万ドルを稼いでいる。

 続いて2位には、ミーゴスのメンバー=クエイヴォによる初のソロ・アルバム『クエイヴォ・ハンチョ』がランクイン。初動ユニットは99,000で、そのうちアルバムの売上枚数はわずか6,000枚と、そのほとんどがストリーミングによるみなし売上だった。決して悪い数字ではないが、今年1月に発売されたミーゴスの『カルチャーII』が獲得した199,000ユニットと比較すると、半数近くポイントを落としている。

 ただ、今週の集計期間前である10月11日に獲得した11,000ユニット分が、前週のチャートに反映しているため(先週は66位に初登場)、その数を追加すると、実質12万ユニットでデビューしていたことになる。アルバムからは、3曲のシングルがリリースされているが、ソング・チャート“Hot 100”での最高位は「ワーキン・ミー」の52位どまりで、残りの2曲はランクインすらしていない。シングル・ヒットがないにもかかわらず、この数字は好調といえるだろう。

 クエイヴォは、昨年12月にリリースしたトラヴィス・スコットとのコラボ・アルバム『ハンチョ・ジャック、ジャック・ハンチョ』が最高3位をマークしていて、ミーゴスの作品『カルチャー』(2017年/1位)、『カルチャーII』(2018年/1位)を含めると、通算4作目のTOP3入りとなる。なお、ミーゴスとしては2019年に新作『カルチャーIII』(仮)をリリースする予定。

 3位に停滞しているリル・ウェインの『カーターV』は、登場3週目にして85,000ユニットと高い数字をキープしている。先週4位に初登場したリル・ベイビーとガンナによるコラボ・アルバム『ドリップ・ハーダー』も、71,000ユニットを獲得して同位をキープ。ストリーミングの強いアーティストのアルバムは、視聴回数を維持できれば上位に留まることができる。

 今週5位にデビューしたのは、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で5位、R&BチャートではNo.1を獲得した「ブード・アップ」の大ヒットでブレイクのR&Bシンガー=エラ・メイのデビュー・アルバム『エラ・メイ』。初動ユニットは69,000で、そのうちアルバム・セールスが17,000枚と、本作もストリーミングによるポイント比重が高い。これまでの最高位は昨年2月にリリースしたEP盤『レディ』の29位だった。アルバムからは、「ブード・アップ」に続いて「トリップ」がHot 100チャート16位まで上昇中、R&Bチャートでは、2曲連続のNo.1獲得を果たしている。

 ドレイクの『スコーピオン』は、55,000ユニットを獲得して8位から6位に上昇。少し気の早い話だが、本作が2018年の年間アルバム・チャートを制す可能性が高い。9位から8位に上昇したトラヴィス・スコットの『アストロワールド』(47.000ユニット)や、10位から9位に浮上したポスト・マローンの『ビアボングズ&ベントレーズ』(44,000ユニット)も、TOP10入りは間違いないだろう。一方、先週2位にデビューしたトゥエンティ・ワン・パイロッツの『トレンチ』は、ストリーミング・ポイントを維持できず、7位までダウン(49,000ユニット)している。

 今週は、そのトゥエンティ・ワン・パイロッツとトラヴィス・スコット以外のアーティストは全てユニバーサル・ミュージック・グループからのリリースで、上位6位を同社が独占するのは、2015年11月28日付チャート以来、3年ぶりの快挙となる。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、10月26日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『アリー/スター誕生』サウンドトラック
2位『クエイヴォ・ハンチョ』クエイヴォ
3位『カーターV』リル・ウェイン
4位『ドリップ・ハーダー』リル・ベイビー&ガンナ
5位『エラ・メイ』エラ・メイ
6位『スコーピオン』ドレイク
7位『トレンチ』トゥエンティ・ワン・パイロッツ
8位『アストロワールド』トラヴィス・スコット
9位『ビアボングス&ベントレーズ』ポスト・マローン
10位『カミカゼ』エミネム

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック