ビルボード・アルゼンチン“Hot 100”の提供開始 初No.1はベッキー・G&パウロ・ロンドラ

Billboard JAPAN

 ビルボード・アルゼンチン(ビルボードAR)が新たに国内ソング・チャートの提供を開始し、同国初の“Hot 100”ランキングが発表された。

 ビルボードARのHot 100では、国内のストリーミング(YouTube/Spotify/Apple Musicほか)、ラジオ、そしてテレビで放送された回数が合算される。ストリーミング・データはニールセン・ミュージック、ラジオ/ テレビのデータはBMAT/Vericastのより提供される。

 2018年10月13日付アルゼンチンHot 100の記念すべき初No.1はベッキー・G&パウロ・ロンドラの「Cuando te bese」だ。若きラッパーのパウロ・ロンドラはほかにも3曲(Piso 21の「Te Amo feat. Paulo Londra」(31位)、「Nena Maldicion」(82位)、「Dimelo」(84位))がチャート・インしており、最も多く登場している同国出身アーティストの一人だ。

 また、アルゼンチン出身のトラップ・アーティスト、エコー(Ecko)も、「Arabe feat. Papichamp」(45位)、「Me Usaste feat. Noriel」(50位)、「Bye」(76位)、そしてBhaviの「Piso feat. Ecko」(98位)の4曲がチャート・インしている。

 ほかにもTiniとCazzuが3曲、 Damas Gratisが2曲をそれぞれTOP10に送り込んでいる。全体的にアルゼンチンで好まれるスペイン語楽曲が優勢のチャートとなっており、コロンビア出身のJ.バルヴィン、マルマ、そしてSebastian Yatraもそれぞれ5曲ずつがチャート・インしている。
 
 アルゼンチンのロック・ミュージックも多く見られ、Babasonicosが65位、La Berisoが69位、Guasonesが96位に入っている。国外からはカルヴィン・ハリス(35位)、BTS (防弾少年団)(48位と66位)、マルーン5(53位)、ドレイク(66位)、そしてアリアナ・グランデ(79位)らがチャート・インしている。

 ビルボードAR・Hot 100は現地時間の毎週火曜日に更新される。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック