網守将平、2年ぶり新作『パタミュージック』11/21リリース決定

Billboard JAPAN

 網守将平の新作『パタミュージック』が11月21日にnobleよりリリースされる。

 アカデミックなバックグラウンドを出自としながら、ポップミュージックから現代美術まで様々なシーンに音楽で携わる作曲家、網守将平。2年ぶりとなる新作は、前作『SONASILE』リリース以降、2作のサウンドインスタレーションの展示、現代音楽シーンでのオーケストラ作品の発表、NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』への音楽制作での参加など、幅広い活動の合間を縫って制作された。

 「音楽そのものの抽象性」へ様々な角度からアプローチし「音楽はまだ存在しない≒空想音楽≒パタミュージック」という大胆な仮定がコンセプトとなっているという今作は、エレクトロニカテイストの強かった前作に比べ、自身のヴォーカルとバンドサウンドによるストレートなポップソング、弦楽四重奏を取り入れたシネマティックな楽曲、さらに無限音階や位相変換を用いた実験音楽が方向性を持たないまま並べられ、統一感が意図的に排除された挑戦的なアルバムに。昨年トーキョーアーツアンドスペースで行われた現代美術展『不純物と免疫』のタイアップソングである『デカダン・ユートピア』も収録される。

 ゲストミュージシャンには、岡田拓郎(ギター)、滝沢朋恵(ヴォーカル)、池田若菜(フルート)、大石俊太郎(クラリネット/サクソフォン)、黒田鈴尊(尺八)、吉田篤貴カルテット(ストリングス)らが参加。マスタリングは細野晴臣やザ・なつやすみバンドも手がける原真人が担当。パッケージデザインはイラストレーターの山本悠が、ブックレット内の写真は写真家/演出家の三野新が、それぞれ担当している。

 また数量限定特典として、原摩利彦、土井樹、サウンドアーティストの大和田俊と網守による電子音楽ユニットであるCryogenic Rhythm Science の計3組が参加したリミックスCD が付属。こちらはレーベルオンラインショップでの購入のみ付属となる。


◎リリース情報
アルバム『パタミュージック』
2018/11/21 RELEASE
NBL-225 2,200円(tax out)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック