ポップ・エトセトラ、尾崎雄貴(BBHF)との共作曲「We'll Be OK」MV公開

Billboard JAPAN

 ポップ・エトセトラ(POP ETC)が、2018年10月3日にリリースした2年振りのオリジナル・アルバム『ハーフ』より、Bird Bear Hare and Fishの尾崎雄貴(vo,g)とクリストファー・チュウによる共作曲「We'll Be OK」のミュージック・ビデオを公開した(https://youtu.be/EcEOqffykHQ)。
「We'll Be OK」MV

 新作『ハーフ』は、日本でのみCD、デジタル配信のアルバム形態で発売され、前半はアコースティック主体のシンプルな構成、後半はエレクトロニックに作りこまれた、ふたつの要素を持ち合わせた作品となっている。ボーナス・トラックには、尾崎雄貴がヴォーカルをとる「We'll Be OK“月と太陽Version”」や、日本好きを公言するポップ・エトセトラのお気に入りの楽曲「ばらの花」(くるり)、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」(YEN TOWN BAND)の英語カバー、さらに初めて日本語で制作されたオリジナル楽曲「思い出していた(First Try)」が収録される。

 なお、ポップ・エトセトラは10月16日に代官山SPACE ODDにて単独公演を行ない、10月17日には、タワーレコード渋谷店にてミニライブ&サイン会を実施。さらに10月19日には、東京EX THEATER ROPPONGIにて行われる盟友Bird Bear Hare and Fishの初ツアー【Moon Boots Tour 2018】ファイナル公演に、スペシャルゲストとして参加する。



◎ジョナサン・チュウ コメント
<MVについて>
僕はちょっと支離滅裂な、夢みたいな感じの視覚世界を作りたかったんだ。あらゆる要素が必ずしもより大きな全体と明確なつながりをもたなくていいと思ったんだけど、そこにまとまりや完成した感じは欲しかった。この曲は、希望的でも悲観的でもなく、その中間にある状況を描写していると思う。僕はその繊細なバランスをうまく反映したかったんだ。映像を逆回しで撮影したことによって、全てが不安定で少し困惑するような感じになるんだけど、まだ非現実的でもない。僕が夢を見るような感じに近くなったので、意図するものが作れたと思う!

◎クリストファー・チュウ コメント
<楽曲について>
「We’ll Be OK」は面白い曲なんだ。何故かというと、基本的にはこれは日本語と英語で同時にかかれた曲で、その意味はユウキ(尾崎雄貴)と僕とで形作られただけでなく、言葉や文化的な翻訳にも影響を受けてできたものなんだ。この曲はシンプルなラブソングのような感じで始まっているんだけど、でも書いていくうちに、英語の歌詞に僕がアメリカで今起こっていると感じていることを反映するような、そういう意味を曲に持たせたいと思ったんだ。そしてこの曲が仕上がった時には、僕自身を驚かせる作品になった。基本的な部分はまだラブソングのままなんだけど、その背景は混沌、混乱、分離の世界。でも最後にはポジティブな感じで終わる ―― 二人の愛が彼らを守り、ゆっくりと状況が(よい方向に)変わっていくんだ。最後には“僕たちは大丈夫…きっと”ってね。

◎リリース情報
アルバム『ハーフ』
2018/10/03 RELEASE
<CD>SICX-111 / 2,400円(tax out)
仕様:解説・尾崎雄貴(Bird Bear Hare and Fish)、新谷洋子/歌詞・対訳付

◎ライブ情報
【POP ETC単独公演】
2018年10月16日(火)東京・代官山SPACE ODD

◎イベント情報
【ミニライブ&サイン会】
2018年10月17日(水)東京都・タワーレコード 渋谷店 5F イベントスペース
詳細:https://bit.ly/2P761JJ

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック