『10月2日はなんの日?』「アメリカン・パイ」=“音楽が死んだ日”の生みの親、ドン・マクリーンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『10月2日はなんの日?』「アメリカン・パイ」=“音楽が死んだ日”の生みの親、ドン・マクリーンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『10月2日はなんの日?』「アメリカン・パイ」=“音楽が死んだ日”の生みの親、ドン・マクリーンの誕生日

『10月2日はなんの日?』「アメリカン・パイ」=“音楽が死んだ日”の生みの親、ドン・マクリーンの誕生日


 10月2日は1972年に「アメリカン・パイ」をヒットさせたことで知られるシンガーソングライター、ドン・マクリーンの73歳の誕生日。

 ドン・マクリーンは1945年10月2日、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。デビュー翌年の1971年に発表した「アメリカン・パイ」は、翌72年に4週にわたって全米ビルボードNo.1を記録。8分超の大曲ながら、韻やダブルミーニングを多用した難な歌詞が大きな話題となり、ラジオ局はどこもフルサイズでオンエアしていたそう。繰り返し登場する「音楽が死んだ日(The Day the Music Died)」という歌詞は、1959年にバディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーの乗った飛行機の墜落事故のことを指しているが、そのほか多くの歌詞が意味することについては、マクリーン本人が沈黙を貫いたため、長きにわたりその解釈についてファンの間では議論がなされてきた。

 しかし、発表から約40年以上が経過した2015年に、歌詞の持つ意味についてマクリーン本人が「世の中が間違った方へと向かっていった時代を歌った、戒めの歌」であると言及し話題に。また、同曲の歌詞をしたためた下書きはオークションにより1億円以上で落札されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい