テイラー・スウィフト、実写版『キャッツ』の役どころは? アンドリュー・ロイド・ウェバーが言及 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テイラー・スウィフト、実写版『キャッツ』の役どころは? アンドリュー・ロイド・ウェバーが言及

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テイラー・スウィフト、実写版『キャッツ』の役どころは? アンドリュー・ロイド・ウェバーが言及

テイラー・スウィフト、実写版『キャッツ』の役どころは? アンドリュー・ロイド・ウェバーが言及


 米ショービジネス界のグランドスラムと呼ばれる“EGOT”―【エミー賞】/【グラミー賞】/【アカデミー賞】(オスカー)/【トニー賞】―を全て受賞という偉業を9月に達成したばかりのアンドリュー・ロイド・ウェバー。今年70歳になった彼は現在『シンデレラ』のミュージカルに取り組んでいる他、作曲を手掛けたミュージカル『キャッツ』の実写版の準備にも追われている。

 『英国王のスピーチ』で知られるトム・フーパー監督の実写映画ではジェニファー・ハドソンがグリザベラ役で主演している他、ジェームズ・コーデンやイアン・マッケランなども出演するが、2匹の猫を溺愛していることでも有名なテイラー・スウィフトの出演が決定したことも大きな話題になっている。

 ウェバーはVultureとのインタビューでテイラーについて、「“マキャヴィティ”(を歌っている)女子(ボンバルリーナかディミータ)のどちらかを演じる予定だ」と明かしたが、どちらになるかはまだ決めていないと話している。「まあ要するにトム・フーパーがすごくいい考えだと思ったんだよ。もちろん彼女は猫が大好きだしね」と彼はテイラーがキャスティングされた経緯を説明し、「そのうち分かるよ。まだ会ったことがないから、会って彼女の仕事ぶりを見るのが楽しみだ」と話している。

 ウェバーによると実写版『キャッツ』は11月にクランクインする予定で、現在リハーサルが行われているそうだ。全米での劇場公開は2019年12月20日に決定している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい