RUANN、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』主題歌に新曲起用 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

RUANN、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』主題歌に新曲起用

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
RUANN、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』主題歌に新曲起用

RUANN、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』主題歌に新曲起用


 RUANNの新曲が、11月10日公開の映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の主題歌に起用されることが分かった。

 9月10日にデジタル・シングル「LOVE & HOPE」をリリースし、トイズファクトリーからメジャー・デビューを果たしたばかりのRUANN。2017年9月に公開された『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』に続くシリーズ第2弾となる本映画のために彼女が提供した新曲は、「強く“孤独”に向き合うアネモネの“不安の中にある期待”を表現」したという新曲「There’s No Ending」。同曲の発売は未定とのこと。

 映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』は11月10日より全国ロードショー。


◎RUANN - コメント
――本作の主題歌を担当することに決まった時のお気持ちをお教えください 。
RUANN:友達など周りの人たちがエウレカセブンの話しをしていて、エウレカセブンのことは知っていたので、主題歌を担当できると知った時、驚きと楽しみでいっぱいでそこからワクワクしながらTVシリーズの『エウレカセブン』を観ていました!!そしてその日はアネモネのことだけを考えながらお家で1日中曲を考えたりしていたので、「楽しみっ!」という気持ちでいっぱいでした。

――本作主題歌「There’s No Ending」に込めた想いをお教えください。
RUANN:今回の『ANEMONE』はハイエボリューションの3部作の丁度真ん中なので、まだ終わらないこの物語はいつまでも続く=“終わる”という事ではない!ので「There’s No Ending」というタイトルが先に思いつきました。そしてアネモネの“孤独”に対して強く向き合い不安の中の期待を上手く表現したいと思いこの曲ができました。

◎公開情報
映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』
2018年11月10日(土)全国ロードショー
(c)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい