[ALEXANDROS]が表紙の『Rolling Stone Japan vol.04』本日9/25発売 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

[ALEXANDROS]が表紙の『Rolling Stone Japan vol.04』本日9/25発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
[ALEXANDROS]が表紙の『Rolling Stone Japan vol.04』本日9/25発売

[ALEXANDROS]が表紙の『Rolling Stone Japan vol.04』本日9/25発売


 [ALEXANDROS]が表紙を飾る『Rolling Stone Japan vol.04』が、本日9月25日に発売される。

 『Rolling Stone Japan』は、 50年にわたりアメリカのユースカルチャーを伝えてきた1967年創刊の『Rolling Stone』のジャパンエディション。 ロックンロールのDNAとともに、 音楽、映画、ゲーム、スポーツなど「未来のエンターテインメント」にまつわる情報やニュースを発信している。

 9月25日発売の『Rolling Stone Japan vol.04』では、[ALEXANDROS]が表紙を飾る。 11月21日にリリースされるニューアルバム『Sleepless in Brooklyn』の最速インタビューとニューヨークでの独占撮り下ろし写真、さらにメンバー個別取材をはじめ、バンドの歩みを音楽性の広がりとともに振り返ったコラムや、川上洋平(Vo, Gt)がアメリカ映画について語ったコラムも掲載している。

 また、バンド結成10周年を迎えた04 Limited SazabysのGEN(Vo, Ba)は、30歳という節目を控え、音楽・バンド・人生についての持論を展開。2人の感性にフォーカスしたyonigeのインタビューでは、年間200本以上観るという牛丸ありさ(Vo, Gt)がお気に入りの映画をリストアップし、好きな作家・漫画家を明らかに。そしてKing Gnuの頭脳である常田大希(Gt, Vo)は、自身がセレクトした14冊の本とともに、それらから受けた刺激と創作への姿勢について語った。

 さらに、音楽評論家・田中宗一郎と映画・音楽ジャーナリストの宇野維正による3万字オーバーの対談連載「POP RULES THE WORLD」では、フジロック/サマーソニックを振り返りつつ今夏の注目リリース・注目トピックの解説を交え、白熱の洋楽トークを繰り広げる。

 このほかにも新日本プロレスの棚橋弘至、新プロジェクト「KOMA DOGG」を立ち上げたEXILE SHOKICHIに加えレーベル移籍後初の取材となるSALU、Def Jam Recordingsからの単独アルバムをリリースしたSWAYらが登場する。


◎発売情報
『Rolling Stone Japan vol.04』
2018年9月25日(火)発売


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい