アヴリル・ラヴィーン完全復活、カニエ新作を9/29にリリース、ポール・マッカートニー約36年ぶりの首位:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アヴリル・ラヴィーン完全復活、カニエ新作を9/29にリリース、ポール・マッカートニー約36年ぶりの首位:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アヴリル・ラヴィーン完全復活、カニエ新作を9/29にリリース、ポール・マッカートニー約36年ぶりの首位:今週の洋楽まとめニュース

アヴリル・ラヴィーン完全復活、カニエ新作を9/29にリリース、ポール・マッカートニー約36年ぶりの首位:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、アヴリル・ラヴィーンの話題から。現地時間2018年9月19日、アヴリル・ラヴィーンが約5年ぶりとなる新曲「ヘッド・アバヴ・ウォーター」を世界一斉公開した。今楽曲は、アヴリルが長らく闘病しているライム病と向き合った、パワフルで壮大なピアノ・バラードに仕上がっており、ファン宛てのオープン・レターで闘病中の思いも告白している。「ここ数年自宅でライム病と闘っていた」「肉体的にも精神的にも人生で一番辛い日々だった」と明かし、「体の機能が停止するのを感じ、死を受け入れた」夜に、母親の腕に抱かれながら自身の中に湧き上がってきた言葉を書き綴り、完成させたのがこの新曲であることを明かした。

アヴリル・ラヴィーン、新曲「ヘッド・アバヴ・ウォーター」を遂に公開
アヴリル・ラヴィーン完全復活、闘病中の思いを綴った感動の最新曲…その内容とは

 続いて、2018年6月にニュー・アルバム『Ye』をリリースしたばかりのカニエ・ウェストが、9月29日に『YANDHI』と題された新作をリリースすることを明らかにした。米人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』シーズン44の初回にミュージック・ゲストとして出演することを9月17日にツイートした彼は、2013年の『Yeezus』に酷似したアルバム・ジャケットの写真をキャプションなしで投稿してファンの期待を煽った後、新作のタイトルと発売日を発表した。『Yeezus』ではキリスト(ジーザス)と自分を重ねていた彼だが、新作ではインド独立の父マハトマ・ガンジー(Gandhi)と自分を関連付けているようだ。

カニエ・ウェスト、『SNL』でパフォーマンス決定 『イーザス』続編を近々リリースか
カニエ・ウェスト、9/29に新作『YANDHI』をリリース チャンス・ザ ・ラッパーとのコラボALのタイトルも発表

 そして先日、ジャスティン・ビーバーがヘイリー・ボールドウィンと遂に結婚したのでは、というおめでたいニュースが世界を駆け巡ったが、ヘイリーが「まだ結婚してない!」とTwitterで否定。ファンをやきもきさせる状況が続いている。こうしたなか、今度はジャスティンが結婚前に米国の市民権を得る手続きを開始したとTMZが報じた。ジャスティンはカナダのオンタリオ州生まれだが米国とのつながりは深く、13歳の頃に米アトランタに移住しており、すでにグリーンカード(永住ビザ)を取得している。ただ、二重国籍を申し込んでいるため、カナダの国籍は放棄しないようだ。

ジャスティン・ビーバー、結婚に向け米国籍取得手続きを開始か
ジャスティン・ビーバー、バッキンガム宮殿の前で「コールド・ウォーター」をアコギで披露

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』が首位デビューを果たした。本作は、2013年10月にリリースした前作『ニュー』から5年ぶり、ウイングス、リンダ・マッカートニーとのコラボ・アルバムを除く、通算17作目のスタジオ・アルバム。1982年リリースの4thアルバム『タッグ・オブ・ウォー』以来、約36年ぶりの全米1位獲得となった。なお、ビートルズ時代の作品は19作が首位を獲得していて、これらを含めると、27枚のアルバムがNo.1に輝いている。久しぶりの1位に輝いたポール・マッカートニーは、現地時間9月17日にワールド・ツアー【フレッシュン・アップ】をスタートさせた。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ポール・マッカートニー約36年ぶりの首位、故マック・ミラー6位へ急上昇
ポール・マッカートニー 最新ワールド・ツアー【フレッシュン・アップ・ツアー】がスタート

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ドレイクの「イン・マイ・フィーリングズ」が10週目のNo.1獲得を果たした。ストリーミング・チャートで3位、セールス・チャートで5位、エアプレイ・チャートでは5位と、主要3チャートいずれも首位を逃しているが、粘り強さをみせ、通算10週目の1位を死守した「イン・マイ・フィーリングズ」。ラップ・チャートでは通算34週目のNo.1に輝き、同チャートとR&B/ヒップホップ・チャートでも10週連続の首位をキープしている。今楽曲が10週目の首位を獲得したことで、ドレイクは3曲が10週以上首位を獲得した初のソロ・アーティストとなった。

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク遂に10連覇、3曲が10週以上首位を獲得した初のソロ・アーティストに


今週のその他の注目ニュース

KISS、フェアウェル・ツアーを行うことを発表
BTS (防弾少年団)、米人気TV番組『GMA』と『ザ・トゥナイト・ショー』でのパフォーマンス決定
マルーン5、2019年のNFLスーパーボウルのハーフタイム・ショーに出演
デッドマウス、マッツ・ミケルセン主演のアクション・スリラーで映画のスコアに初挑戦
ブルーノ/ジャスティン/ケイティ/デュア・リパら大物も直面する、海外アーティストの中国での活動&ツアー事情


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい