Pitchforkが“西海岸のウータン・クラン”と称した米新世代ボーイバンド、ブロックハンプトンがALリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Pitchforkが“西海岸のウータン・クラン”と称した米新世代ボーイバンド、ブロックハンプトンがALリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

Pitchforkが“西海岸のウータン・クラン”と称した米新世代ボーイバンド、ブロックハンプトンがALリリース

Pitchforkが“西海岸のウータン・クラン”と称した米新世代ボーイバンド、ブロックハンプトンがALリリース

新世代アメリカン・ボーイバンドのブロックハンプトン(BROCKHAMPTON)が本日、メジャー契約後初のアルバム『イリデセンス』をリリースし、シングル「ジュヴェ」のミュージック・ビデオを公開した。

 テキサス出身のラッパー/プロデューサー、ケヴィン・アブストラクトを中心に2015年に結成されたブロックハンプトン。メンバーの多くがカニエ・ウエストのファンサイト<KanyeToThe>の掲示板で知り合った事から、“インターネット初のアメリカン・ボーイバンド”と自称。メンバーは総勢14名にも及び、シンガー、DJ、フォトグラファー、エンジニア、プロデューサー、デザイナー、ツアーマネージャーまでを内包する大所帯のクリエイティブ集団で、アパレルからミュージック・ビデオ、ツアーの広告、ドキュメンタリー番組など、音楽のみならず全てのクリエイティブを自身達で手掛けている。

 2017年に発表した3部作アルバム『サチュレーション』で大きな注目を集め、『サチュレーションIII』では全米ビルボード・アルバム・チャート15位を獲得。世界で最も影響力のあるメディアのひとつ<Pitchfork>が“ウエスト・コーストのウータン・クラン”と絶賛し、現在行われている全米ツアーはソールドアウトが相次ぐなど、現在注目のアーティストだ。

 今作『イリデセンス』は、1,500万ドル(約16億円)とも言われる契約金で米RCA Recordsとのメジャー契約後初となるアルバム。収録曲の大半がビートルズでお馴染みのロンドンの名門スタジオ<アビー・ロード・スタジオ>で制作された。ケヴィン・アブストラクト自身も、「今作はビートルズの『サージェント・ペパーズ』にとてもインスピレーションを受けた作品だ。『サチュレーション』とは全然違うアルバムだよ。」と語っており、これまでの作品とは一味違った、ブロックハンプトンの世界観が堪能できる。

 デジタル世代に結成された新世代クリエイティブ集団にして、新しい価値観を全米に植え付けているブロックハンプトンに、今大きな注目が集まっている。


◎「ジュヴェ」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/PkLPFi4fmug

◎リリース情報
アルバム『イリデセンス』
配信中
試聴・購入リンク:
https://lnk.to/IRIDESCENCE
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

トラックリスト
01. NEW ORLEANS | ニュー・オリンズ
02. THUG LIFE | サグ・ライフ
03. BERLIN | ベルリン
04. SOMETHING ABOUT HIM | サムシング・アバウト・ヒム
05. WHERE THE CASH AT | ホウェアー・ザ・キャッシュ・アット
06. WEIGHT | ウエイト
07. DISTRICT | ニュー・オリンズ
08. LOOPHOLE | ループホール
09. TAPE | テープ
10. J'OUVERT | ジュヴェ
11. HONEY | ハニー
12. VIVID | ヴィヴィッド
13. SAN MARCOS | サン・マルコス
14. TONYA | トーニャ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい