山田裕貴&齋藤飛鳥(乃木坂46)ら、映画『あの頃、君を追いかけた』舞台挨拶に登壇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田裕貴&齋藤飛鳥(乃木坂46)ら、映画『あの頃、君を追いかけた』舞台挨拶に登壇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
山田裕貴&齋藤飛鳥(乃木坂46)ら、映画『あの頃、君を追いかけた』舞台挨拶に登壇

山田裕貴&齋藤飛鳥(乃木坂46)ら、映画『あの頃、君を追いかけた』舞台挨拶に登壇


 2018年10月5日全国公開となる映画『あの頃、君を追いかけた』の完成披露試写会が、9月18日に東京都港区のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで実施され、キャスト全員が劇中の高校の制服で登場し、飾り気のない素朴な制服を身にまとったキャスト達の初々しい姿を披露した。
イベント写真(全3枚)

 2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録した。今回は舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらには松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優たちにより現代の物語として新た生まれ変わった。

 舞台挨拶には、上記7名のキャストに加え、メガホンをとった長谷川康夫監督が登壇。主演の山田裕貴は、観客を前にし「本当に待ちわびてました。何よりこの6人と監督とスタッフさんが大好きで、この映画が報われて欲しいと思ってましたので、この日を一年前から待ってました」と喜びのコメント。

 ヒロインの齋藤飛鳥は「映画初出演だったので、皆様にご迷惑をお掛けしたかもしれませんが、無事に撮り終えて、こうして今日皆さんにも観てもらえて、本当に良かったです」と一安心した様子だった。さらに齋藤は、「自分にとっての“あの頃”は、乃木坂しかないので、それ以外で、青春を経験させて頂いたのは、この作品が初めてだったので、この作品が大事な作品になりました」と本作への想いを吐露した。

 また、9月18日は、山田の28歳の誕生日であり、映画のキーアイテムでもある、リンゴをモチーフにしたサプライズケーキが登場した。ヒロインの齋藤を含むキャスト全員から食べさせて貰ったケーキに満悦な様子。さらにサプライズはこれだけでは無く、原作者のギデンズ・コーからも、誕生日のお祝いの動画メッセージが、スクリーンに投影され、喜びのあまり、思わず瞳を潤ませてた。最後に山田は、観客に向け「主人公の浩介が“すごい人間になりたい”という言葉があるのですが、僕もずっとそうやって生きてきたので、みんなの世界とか、自分が見える世界とかを変えられる作品になったら良いと心から想ってます」と作品に対する熱い想いを、声を詰まらせつつ語った。

 また、最後にMCから、公開初日の10月5日より3日間、関東、関西、東海地区の舞台挨拶の日程が発表され、観客たちの喜びの声で溢れた。



◎映画情報
映画『あの頃、君を追いかけた』
2018年10月5日(金)全国ロードショー
出演:山田裕貴 齋藤飛鳥 / 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
監督:長谷川康夫  
脚本:飯田健三郎 / 谷間月栞  
原作:九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
製作:『あの頃、君を追 いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい