欅坂46が「サイレントマジョリティー」の“聖地”凱旋

Billboard JAPAN
8月15日にリリースした7thシングル「アンビバレント」も大ヒット中の欅坂46が、デビューシングル「サイレントマジョリティー」のジャケット写真およびミュージック・ビデオを撮影した渋谷の“聖地”に凱旋した。

 「サイレントマジョリティー」ミュージック・ビデオの撮影が行われた当時、工事現場(東急東横線旧渋谷駅ホーム・線路跡地など)だった場所が9月13日、渋谷ストリームとして開業した。これを受け、渋谷川まちびらきと渋谷ストリームの開業を記念したテープカットに、キャプテンの菅井友香が参加。オープニング・セレモニーに華を添えた。

 また、この日行われた同施設内にある渋谷ストリーム・ホールのこけら落とし公演も欅坂46が担当した。同公演では、ライブパートの前に「サイレントマジョリティー」とこの2年間を振り返る映像が上映され、その後「サイレントマジョリティー」、同じく1stシングルに収録されている「手を繋いで帰ろうか」、そして最新シングルの「アンビバレント」を披露。キャパ500人の至近距離での超プレミアム・ライブは大盛況のうちに終わった。

 同ホールでは9月14日から9月17日まで、映像の上映および当時の写真と衣装が展示される。


◎欅坂46 1stシングル「サイレントマジョリティー」Music Video
https://youtu.be/DeGkiItB9d8

◎渋谷ストリーム

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック