ヨーコ・オノ5年ぶり新作『ウォーゾーン』10/24日本盤発売決定、「イマジン」新録も収録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ヨーコ・オノ5年ぶり新作『ウォーゾーン』10/24日本盤発売決定、「イマジン」新録も収録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ヨーコ・オノ5年ぶり新作『ウォーゾーン』10/24日本盤発売決定、「イマジン」新録も収録

ヨーコ・オノ5年ぶり新作『ウォーゾーン』10/24日本盤発売決定、「イマジン」新録も収録


 生誕85周年を迎えたヨーコ・オノが、10月24日にニュー・アルバム『ウォーゾーン』の日本盤(ボーナストラック入り)をリリースされることが決定した。2013年発表『地獄の果てまで連れてって』以来5年ぶり、通算20作目(ジョンとの共作含む)のオリジナル作品となる。

 新作の収録曲は1970年から2009年までのヨーコ・オノ作品の中から彼女自身が13曲選び、新たな解釈で新たにレコーディングされたもの。今の時代にもピタリと当てはまる、その不変のメッセージは、2018年の今の方がより一層人々の苦境に寄り添い、適切さを増している。例えば、1973年にリチャード・ニクソンを批判した「ウーマン・パワー」(https://youtu.be/AShdkFArvOA)は45年後、ホワイトハウスにいるもう一人の男へ向けて歌われている。

 そして、昨年6月に1971年から46年の時を経て、作詞・作曲のクレジットにジョン・レノンとともにヨーコ・オノの名前が追加されたことも話題となった「イマジン」の新ヴァージョンも誕生。新ヴァージョンについてヨーコは「この曲をやるのは怖かった。トム(プロデューサーのトーマス・ベネット)も少し怖がっていたんじゃないかと思います。世界中の人が知っている曲ですから。でも、今回のアルバムのテーマに合うと思ったから、やるべきだと決心しました」とコメント。なお、「イマジン」について1980年のインタビューでジョン・レノンはこう語っていた。「あれはLenonn-Onoの曲としてクレジットされるべきだ。歌詞やコンセプトの多くはヨーコから来ているからね。でも、その時の僕はいつもよりちょっと自分本位で、いつもよりちょっと男権主義的だったから、彼女の貢献に言及するのを省いてしまったんだ」。

 さらに日本のみのボーナストラックとしてヨーコ自身が選んだのは『イマジン』と同時に1971年発表された『フライ』からの「ミッドサマー・ニューヨーク」の2018年ミックス別ヴァージョン。この曲ではオリジナル・ヴァージョンのジョン・レノン(G)、クラウス・フォアマン(B)、ジム・ケルトナー(Drs)のバッキング・テイクがフィーチャーされている。

 ヨーコ・オノは新作について「世界はあまりにも混乱しています。誰にとっても、ものごとがとても困難になっています。私たちが今生きているのは戦闘地帯…。私は新しい方法で創作することが好きなのです。ものごとは日々変わってゆくものだから」と語っている。

 プロデュースをヨーコと共に手がけたのはトーマス・ベネット。1981年生まれの若干36歳、Doveman としても知られている彼は、2013年の『地獄の果てまで連れてって』にプラスティック・オノ・バンドの一員として参加。また、プロデューサーとしてスフィアン・スティーヴンス(映画「君の名前で僕を呼んで」サントラ収録曲など)やデヴィッド・バーン、Rhye、ノラ・ジョーンズ、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、グレン・ハンサード等と、ミュージシャン(Key)、ソングライターとしてデヴィッド・バーン、ザ・ナショナル、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ、ルーファル・ウェインライト、そしてエド・シーランまで、数多くのアーティスト達と共演している。ヨーコが2014年にアントニーと行ったデュエット「アイ・ラヴ・ユー・アース」でも共演し、その後も連絡を取り続け、時折彼女の自宅でリハーサルも行なっていた。

 2018年10月9日はジョン・レノンの78回目の誕生日。それに合わせて、10月5日には『イマジン:アルティメイト・コレクション』、10月9日には書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』が全世界同時発売されるなど、『イマジン』関連の作品が数多く発表される。

 また、日本では六本木の森美術館にて10月6日から開催される展覧会【カタストロフと美術のちから展】で、YOKO ONOのアート作品《色を加えるペインティング(難民船)》が展示される。近年の難民問題を題材とした作品で、観客はクレヨンを使って展示室の壁や床、そして難民船を思わせる船のどこにでも、平和の願いを書くことができる、昨今注目される鑑賞者参加型アートの先駆けとも言える作品となっている。

 ヨーコ・オノのバック・カタログは2016年から「YOKO ONO REISSUE PROJECT」としてソニーミュージックより継続発売中。第一弾は『トゥー・ヴァージンズ』『ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ』『ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド』を2016年12月リリース。第二弾は『フライ』『無限の大宇宙』『空間の感触』を2017年8月リリース。第三弾は2019年前半に『シーズン・オブ・グラス』『イッツ・オーライト』『スターピース』『ストーリー』、そして『ウェディング・アルバム』をリリース予定。



◎リリース情報
『ヨーコ・オノ/ウォーゾーン』
2018/10/24RELEASE 
SICX-30062 (BSCD2)
2500円(tax out) 


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい