『9月7日はなんの日?』モダン・ジャズ最後の巨人、ソニー・ロリンズ88歳の誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『9月7日はなんの日?』モダン・ジャズ最後の巨人、ソニー・ロリンズ88歳の誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『9月7日はなんの日?』モダン・ジャズ最後の巨人、ソニー・ロリンズ88歳の誕生日

『9月7日はなんの日?』モダン・ジャズ最後の巨人、ソニー・ロリンズ88歳の誕生日


 9月7日はテナー・サックス奏者、ソニー・ロリンズの88歳の誕生日。

 ソニー・ロリンズは1930年9月7日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。ジャズのメッカ、ハーレム育ちのロリンズは、7歳のときにルイ・ジョーダンの演奏を聴いたことがきっかけでジャズに興味を持ち、10代でテナー・サックス奏者として本格的な音楽キャリアをスタートさせた。50年代にマイルス・デイヴィスとの共演や自身のリーダー作でシーンに名を馳せ、一躍、モダン・ジャズ界をリードする存在に。ラテンやカリプソの要素も取り込んだ歌心あふれる音色と節回しで多くのファンを獲得した。

ジャズ・シーンでの活躍以外では、ザ・ローリング・ストーンズの『刺青の男』への参加や、映画『アルフィ』の音楽を手がけたことでも有名。60年代当時は珍しかったモヒカン頭に豪快なプレイ、といったイメージの一方、センシティヴな性格であることでも知られ、過去何度も引退~復帰を繰り返しているが、多くの巨人たちが去りゆくなか半世紀以上も活躍を続け、“モダン・ジャズ最後の巨人”としてシーンの頂点に君臨。ジャズ界への長年にわたる貢献が認められ、2011年にはアメリカ国民芸術勲章文化勲章をオバマ前大統領から授与されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい