【まとめレポ】CHAI、マイヘア、ワンオク、あいみょん、KICK、エレカシら出演【SWEET LOVE SHOWER 2018】最終日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【まとめレポ】CHAI、マイヘア、ワンオク、あいみょん、KICK、エレカシら出演【SWEET LOVE SHOWER 2018】最終日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【まとめレポ】CHAI、マイヘア、ワンオク、あいみょん、KICK、エレカシら出演【SWEET LOVE SHOWER 2018】最終日

【まとめレポ】CHAI、マイヘア、ワンオク、あいみょん、KICK、エレカシら出演【SWEET LOVE SHOWER 2018】最終日


 8月31日から9月2日までの3日間、山梨県 山中湖交流プラザきららにて開催された【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018】。“ラブシャ”の愛称で親しまれている本フェスが、今年もチケットは全日ソールドアウト、3日間合計で75,000人を動員する大盛況となった。スペースシャワーTVでは、9月29日、10月6日、10月13日に3週連続でこの模様を3時間ずつオンエアする、合計9時間の特別番組が予定されている。
イベント写真(全40枚)

 ビルボードジャパン編集部が担当したオフィシャル・レポートは、【SWEET LOVE SHOWER】公式Instagramおよび公式サイトにて公開中。ここでは、各日程のまとめレポートをお届けする。


<9/2(日)>
 FOREST STAGEのオープニング・アクトを務めたのは、"ニュー・エキサイト・オンナバンド" CHAI。「私の足はたぶんすごく短い、だからいつもNEOかわいい! Do you think so?」と名刺代わりの1曲「N.E.O.」をプレイ、元気いっぱいに最終日のスタートを決めてみせた。一方、Mt. FUJI STAGEの1組目はyonige。雨上がりのジメっとした空気感にウェットな歌声が反響する「さよならプリズナー」を経て、yonige流の祝祭アンセム「笑おう」で朝らしくステージを締めくくった。

 LAKESIDE STAGEのトップバッターを務めたのは、飛ぶ鳥を落とす勢いでシーンを駆け抜けているMy Hair is Bad。「SWEET LOVE SHOWERで一番短いラブソングを!」と「クリサンセマム」、間髪を入れずに「元彼氏として」で地響きを起こした後は、ライブ定番曲「フロムナウオン」へ。午前中のステージに熱狂の渦を生み出した。続いて、真っ赤な衣装に身を包んだきゃりーぱみゅぱみゅが登場。「もう9月で夏終わりましたね! というわけで、秋に向けてハロウィンの曲やります!」と「Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~」で季節を先取り。「つけまつける」ではお馴染みの振付で会場を一つにした。

 昨年はこのステージのオープニング・アクトを務めたSaucy Dogが、FOREST STAGEに帰ってきた。フィナーレを飾った「いつか」は、3人の演奏がカチリとハマり、確かな土台となっているが故の産物だろう、伸びやかなグッド・メロディがとにかく感動的。そして同じ頃、Mt. FUJI STAGEではラブシャ初出演のスガ シカオが登場。「今年みたいなギリギリの夏へ、俺が作ったギリギリな曲を贈るぜ!」と歌い出したのは、自身が歌詞提供したKAT-TUNの楽曲「Real Face」。そして「Progress」では、オーディエンス全員の手を横に振らせて会場を一体にみせる。雨が降り注ぐ中、Mt. FUJI STAGEに登場したSUPER BEAVERは、「雨なんか関係ないよな!」と「青い春」でライブをスタート。観客一人ひとりに心を込め、最後の曲は「ありがとう」を贈った。

 「Taking Off」でスタートしたONE OK ROCKのステージ。5年ぶりの出演だ。初めは曇天模様だった空も、「Take what you want」の大合唱が起きた頃には光明が差し込み、ラストの「完全感覚Dreamer」ではすっかり晴れ。「The Beginning」や「Mighty Long Fall」では、轟轟と燃え盛るエモコア・サウンドでキッズたちを白熱させる。この夏、フェスに引っ張りだこだったあいみょんは、ブルー系のキュートなセットアップ姿で登場。「君はロックを聴かない」や「マリーゴールド」といった夏のヒット曲を次々と歌い上げ、抜群の歌唱力で観客を圧倒した。

 FOREST STAGEのトリを飾ったのは、6年ぶりの出演となるcero。「Summer Soul」のソウルフルな幕開けから、複雑なビートが絡み合う「魚の骨 鳥の羽根」、多国籍なルーツを感じさせる「Wayang Park Banquet」と、めくるめく音楽世界を提示していく。ラストソングの「Poly Life Multi Soul」では、?城(vo.fl.)がステージを降りて前方の観客とハイタッチする一幕も。対するMt. FUJI STAGEのトリは、KICK THE CAN CREW。「千%」に始まり「地球ブルース~337~」へ、前半は彼らの御株ともいえるハッピー&アッパーなヒット曲を展開。前日に武道館ワンマンを終えたばかりの彼らだが、この日のセットはその濃縮版いったところ。最新シングル「住所 feat. 岡村靖幸」も披露しつつ、最後は「アンバランス」で会場は一つにしてエンディングだ。

 昨年はMt. FUJI STAGEに登場したSuchmosが、今年はLAKESIDE STAGEに。ベースとDJのソロを追加した「YMM」や、珍しくYONCE(Vo.)がギターを持つ新曲「BROOKLYN」など、「ノリ方は自由!」と煽りながら、自分たちも気持ち良さそうにプレイ。そして正真正銘ラスト、LAKESIDE STAGEの大トリは、エレファントカシマシが担当した。宮本浩次の圧倒的な歌声に乗せて名曲の数々を届け、1stアルバム収録の「ファイティングマン」をアンコールに披露してフィナーレ。1日の疲れも吹き飛ぶパワフルなステージで、明日からの日々を頑張るための活力を与えてくれた。


◎公演情報
【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018】
2018年8月31日(金)、9月1日(土)、9月2日(日)
山梨県 山中湖交流プラザ きらら

(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい