故マイケル・ジャクソンの還暦を祝う、カニエが米大統領選に意欲?、アリアナ・グランデ首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故マイケル・ジャクソンの還暦を祝う、カニエが米大統領選に意欲?、アリアナ・グランデ首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故マイケル・ジャクソンの還暦を祝う、カニエが米大統領選に意欲?、アリアナ・グランデ首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース

故マイケル・ジャクソンの還暦を祝う、カニエが米大統領選に意欲?、アリアナ・グランデ首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、故マイケル・ジャクソンの話題から。2009年6月に50歳で亡くなったマイケル・ジャクソン。生きていれば、2018年8月29日は彼の60歳の誕生日になるはずだった。そんな“キング・オブ・ポップ”の誕生日に合わせ、多くのアーティストたちがSNSに彼へのメッセージやトリビュートを投稿。妹のジャネット・ジャクソンは、エディ・マーフィとモデルのイマンが出演した、故マイケルの「リメンバー・ザ・タイム」のミュージック・ビデオをオマージュした、短いビデオを投稿している。そんなマイケルのエステート(管理財団)とIMAXがタッグを組み、『スリラー3D』をIMAX 3D用にデジタル・リマスターすることがこの日に発表された。

ブルーノ/ファレル/チャンス/ジャネットら、故マイケル・ジャクソンの60歳の誕生日を祝う
マイケル・ジャクソン『スリラー』のIMAX 3D版公開へ

 続いて、エミネムが、約8か月ぶりとなるニュー・アルバム『Kamikaze』をサプライズ・リリースした。全13曲収録されたアルバムには、ジェシー・レイエズが2曲にフィーチャーされているほか、ジョイナー・ルーカス、ロイス・ダ・5’9”、そして彼のマネージャー、ポール・ローゼンバーグが参加している。このサプライズ・リリースの数時間前には、映画『ヴェノム』に提供した楽曲「ヴェノム」の15秒のティーザーが公開されていたが、今楽曲が作品のクロージングを飾っている。アルバムのアートワークは、ビースティ・ボーイズが80年代に発表した名盤『ライセンス・トゥ・イル』をパロディとなっている。

エミネム、ニューAL『Kamikaze』を突如ドロップ
エミネム、映画『ヴェノム』に楽曲を提供

 そして今週、カニエ・ウェストが出身地シカゴのラジオ局Power 92に出演。約1時間のインタビューに応じ、2024年に米大統領選に立候補する意欲を示した。DJからの問いかけには、「やると決断したらやり遂げるよ。“やってみる”んじゃない」と断言している。そして、いくつかの地元メディアのインタビューの応じた後、カニエは現地時間2018年8月29日の夜にチャンスとスタジオ入り。その時の映像や写真がSNSで公開された。スタジオに入る前、地元ラジオ局の外で待ち構えていた報道陣の質問に対しカニエは「戻ってきたのは、チャンスと彼のニュー・アルバムの制作を行うためだ」と答えていた。

カニエ・ウェスト、2024年の米大統領選に意欲?「やると決断したらやり遂げる」
カニエ・ウェスト&チャンス・ザ・ラッパー、シカゴで遂にスタジオ入り
カニエ・ウェスト、スライド・サンダルの履き方に対する指摘に「日本式」と反論

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、アリアナ・グランデの新作『スウィートナー』がNo.1デビューを飾った。本作は、『デンジャラス・ウーマン』から約2年振り、4枚目のスタジオ・アルバム。前作は、初動175,000ユニットを打ち出したが、当時トップを独走していたドレイクの『ヴューズ』に及ばず、惜しくも2位デビュー。その前作の記録を上回る初動231,000ユニットを獲得し、本作『スウィートナー』で通算3作目の全米1位獲得を果たした。このユニット数は、2018年にリリースされたアルバムの中でも高記録で、女性ポップ・アルバムとしては最高記録となる。そんなアリアナは今週、映画『千と千尋の神隠し』の千尋のタトゥーを入れたことを明らかにした。

【米ビルボード・アルバム・チャート】アリアナ・グランデが首位デビューを果たし、3作目の全米1位獲得
アリアナ・グランデ、映画『千と千尋の神隠し』の千尋のタトゥーを入れる
アリアナ・グランデ、故アレサ・フランクリンの葬儀でパフォーマンスすることが発表
アリアナ・グランデ、ライブ中の神対応が話題に

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ドレイクの「イン・マイ・フィーリングズ」が7週目の首位をキープした。インスタグラムから火が付いた“ダンス・チャレンジ”の拡散により、登場2週目から7週連続のトップを独走している今楽曲。ストリーミング・チャートでも同7週の1位を死守した。そのストリーミングにおいては、Spotifyが、2018年の夏に世界で最もストリーミングされた楽曲TOP20を発表し、7月1日から8月20日の間に3.93億回再生されたドレイクの「イン・マイ・フィーリングズ」が、2位に1億回の差をつけ、見事1位に輝いたと発表した。

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク7連覇、アリアナ2曲がTOP10入り
Spotifyが今夏最もストリーミングされた楽曲TOP20を発表、ドレイク/カーディ・Bが上位に


今週のその他の注目ニュース

マルーン5、2019年2月に東京ドーム公演
ジェイ・Z&ビヨンセ、ステージにファンが乱入
テイラー・スウィフト、約8年ぶりに「ジャンプ・ゼン・フォール」を披露
ヴァネッサ・カールトン、16年ぶり来日公演が決定
BTS (防弾少年団)、「IDOL」MVが公開から24時間で史上最も視聴された楽曲に


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい