AKB48の53rdシングル『センチメンタルトレイン』、休養中の松井は絵コンテやCGでの出演に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB48の53rdシングル『センチメンタルトレイン』、休養中の松井は絵コンテやCGでの出演に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

AKB48の53rdシングル『センチメンタルトレイン』、休養中の松井は絵コンテやCGでの出演に

AKB48の53rdシングル『センチメンタルトレイン』、休養中の松井は絵コンテやCGでの出演に


 AKB48の53rdシングル『センチメンタルトレイン』のミュージックビデオとジャケット写真、アーティスト写真が公開された。
「センチメンタルトレイン」MV

 本楽曲は、6月16日に開票されたイベント【AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙】の結果を受けて、制作されたシングル。本イベントで1位に輝いたのはSKE48 松井珠理奈だったが、体調不良による長期休養(8/23現在も休養中)に入っているため、異例のセンター不在でのレコーディング&ミュージックビデオ撮影が行われている。そのため、松井が出演予定の部分については絵コンテやCGで表現されており、9月19日に発売されるシングルに収録されるミュージックビデオは、この未完成な作品となる。なお、松井が復帰した際には再編集がおこなわれ、完全版を制作予定。CD購入者は、CD封入のシリアルナンバーで完全版を視聴できる対応が予定されている。

 ミュージックビデオの舞台は、女子高併設の女子大学。ごく普通な学園生活のなかにあらわれた不思議な転校生とのふれあいが描かれており、物憂げな青春の1ページを切り取ったどこまでもセンチメンタルな映像に仕上がっている。また、松井珠理奈の絵コンテは、漫画家・志村貴子(『放浪息子』『青い花』『こいいじ』)が担当。通常の絵コンテ越えた漫画独自の繊細なタッチで、松井珠理奈の表情の変化を描いている。

 また、あわせてジャケット写真とアーティスト写真も公開に。『11月のアンクレット』以来となるアートディレクター・平野文子との再タッグで、初回限定盤は、はじける笑顔がまぶしいストレートなアイドル然とした仕上がり。対して通常盤は、鏡の中の自分と向き合うという、少し大人な設定で作られた。中でも注目は、『初回限定盤 Type A』。鏡に青空が映っているだけのジャケットで、AKB48としては異例の「人物なしジャケ」(※)だが、松井珠理奈の復帰後にはここに 彼女が入ったジャケットとして改めて制作が予定されている。
※シングルとしては初。アルバム『0と1の間』劇場盤はAKB48劇場のネオンサインがジャケット写真に採用されている。



◎SKE48須田亜香里(世界選抜総選挙 第2位)コメント
今回のMVもドラマ仕立てになっていますが、ダンスシーンの撮影の際は、のちのちCGで珠理奈さんを表現できるように振付の先生に珠理奈さんのポジションに立っていただいたり、撮り方をいろいろと工夫した撮影でした。今回このMVを観て私にはまるで「幻」のように、そこにいないはずの珠理奈さんの姿が見えて…、目を疑ってつい巻き戻してしまいました。
このMVを観てくださった方も(珠理奈さんを感じ取ることができて)びっくりするんじゃないかなと思います。

今回は48グループのMVを数多く手がけていただいている高橋栄樹さんが監督で、珠理奈さんのことも長年撮ってくださっている方なのですが、撮影の前に「僕なりに一生懸命やらせてもらうので、任せてください。」とメンバーみんなを集めて頼もしい声で言ってくださったことが、とても印象に残っています。
特にMV中盤以降、「あ、これのことか!」と今まで何度も珠理奈さんを撮影されてきた監督だからこその瞬間を「ビビッ」と感じることがありました、珠理奈さんに「会いたくなる」MVだと思います。

現実の私たちとリンクする部分がドラマシーンにはあって、珠理奈さんの問いかけに対してはドラマのワンシーンとは言え、全てアドリブで、現実の私と珠理奈さんとの関係性のまま答えています。全く台本のない撮影だったので、リアルな私たちを感じていただけると思います。

珠理奈さんのファンの方は、もしかすると少し寂しい気持ちになるのかもしれないですが、珠理奈さんがそこにたしかに「存在する」MVになっていますので、より多くの方に観ていただきたいです。「完全版はどうなるんだろう?」ということも含めて、1本で2度楽しんでいただける作品になっていると思います。



◎リリース情報
シングル『センチメンタルトレイン』
2018/9/19 RELEASE
<Type A 初回限定盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-90575~6 1,524円(tax out)
<Type A 通常盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-575~6 1,524円(tax out)
<Type B 初回限定盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-90577~8 1,524円(tax out)
<Type B 通常盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-577~8 1,524円(tax out)
<Type C 初回限定盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-90579~80 1,524円(tax out)
<Type C 通常盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-579~80 1,524円(tax out)
<Type D 初回限定盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-90581~2 1,524円(tax out)
<Type D 通常盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-581~2 1,524円(tax out)
<Type E 初回限定盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-90583~4 1,524円(tax out)
<Type E 通常盤(マキシ+DVD複合)>
KIZM-583~4 1,524円(tax out)
<劇場盤>
NMAX-1307 952円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい