城田優、イル・ディーヴォ名曲カバーが森川葵&自身のW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

城田優、イル・ディーヴォ名曲カバーが森川葵&自身のW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
城田優、イル・ディーヴォ名曲カバーが森川葵&自身のW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に

城田優、イル・ディーヴォ名曲カバーが森川葵&自身のW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に


 2018年10月24日にリリースとなる、城田優のミュージカル・カバー・アルバム『a singer』の収録曲「イザベル」が、2018年9月上旬よりMBS/TBSドラマイズムで放送される森川葵・城田優のW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に決定した。
ドラマビジュアル

 同ドラマの原作となったのは、LINE マンガ編集部のオリジナル作品『文学処女』。恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(森川葵)と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(城田優)の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子が描かれている。

 楽曲「イザベル」は、世界的人気ヴォーカル・グループIL DIVO(イル・ディーヴォ)の2ndアルバム『ANCORA(アンコール)』に収録されたオリジナル曲(原曲はフランスの作曲家ガブエル・フォーレの「パヴァーヌ」)。城田によるカバーは、自身のルーツでもあるスペイン風のラテン・アレンジに、城田によるスペイン語の歌詞がのった、情熱的でセクシーな1曲になっている。



◎城田優 コメント
9月から放送の森川葵さんとW主演で出演させて頂いているドラマ『文学処女』の挿入歌に、この秋発売の僕のアルバム『a singer』に収録される「イザベル」が決定しました!
個人的にずっと好きだった、イル・ディーヴォさんの名曲のカバーです。オリジナルバージョンの哀愁漂うアレンジとは対照的に、情熱的なラテンのリズムと、甘く切ないギターのサウンドで聞かせます。
もちろんスペイン語で歌いました。この曲で、ドラマの中の「熱い恋」を更に盛り上げられたらと思います!
是非、本編を観ていただき、ドラマと音楽のマッチングにも注目して下さい!

◎放送情報
ドラマ『文学処女』
MBS:9/9 毎週日曜深夜 0:50~
TBS:9/11 毎週火曜深夜 1:28~
主演:森川葵 城田優
原作:中野まや花『文学処女』(LINE マンガ)
監督:スミス
脚本:下田悠子
制作:ソケット
製作:「文学処女」製作委員会・MBS

◎リリース情報
ミュージカル・カバー・アルバム『a singer』
2018/10/24 RELEASE
< Blu-spec CD2>
SICL 30046 / 2,778円(tax out) 


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい