【ビルボード】Perfume『Future Pop』が総合アルバム首位 浜崎あゆみ、アリアナ・グランデら歌姫もトップ5入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Perfume『Future Pop』が総合アルバム首位 浜崎あゆみ、アリアナ・グランデら歌姫もトップ5入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Perfume『Future Pop』が総合アルバム首位 浜崎あゆみ、アリアナ・グランデら歌姫もトップ5入り

【ビルボード】Perfume『Future Pop』が総合アルバム首位 浜崎あゆみ、アリアナ・グランデら歌姫もトップ5入り


 2018年8月27日付(集計期間:2018年8月13日~8月19日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Perfumeのニューアルバム『Future Pop』が総合首位を獲得した。

 前作『COSMIC EXPLORER』から約2年ぶり、自身通算7枚目のオリジナル・アルバムとなる『Future Pop』は、初週累計80,655枚を売り上げてフィジカル・セールス1位、7,716ユニットを売り上げてダウンロード1位をマーク、セールス部門で2冠を達成した。サザンオールスターズと宇多田ヒカルに次ぐルックアップ3位も好成績といえる。また、当週の総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”には、本作から「Future Pop」が47位、「Let Me Know」が54位にそれぞれ入っている。

 総合2位のサザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』は今回で3週目のチャートイン。当週は52,857枚を売り上げてフィジカル・セールス2位、発売以来累計は40万枚を超えた。6,941ユニットを売り上げたダウンロードも2位で、セールス部門の勢いもだいぶ落ち着き、それぞれ順位を一つずつ落としているが、ルックアップは前週から1.5倍ほどポイント増で順位も一つアップ、1位返り咲きを果たした。8月18日にレンタル・ショップでの取り扱いが解禁されたことが要因かと思われる。また、新作のヒットと合わせてリバイバルとなり、当週は総合7位に入った『海のYeah!!』も、セールスは8月13日付チャートをピークに減少傾向にあるが、ルックアップはほぼ横ばい。レンタルを中心としたグレー層への訴求が両作のロングヒットを支えているのだと予想できる。

 8月6日にダウンロード配信が始まり、前週総合38位でデビューした浜崎あゆみのニューアルバム『TROUBLE』は、8月15日にCD発売日を迎え、初週累計24,925枚を売り上げてフィジカル・セールス3位、そのほかダウンロード8位、ルックアップ49位となり総合3位にジャンプアップした。また、アリアナ・グランデの約2年ぶりオリジナル・アルバム『スウィートナー』は、10,244枚を売り上げてフィジカル・セールス4位、4,142ユニットを売り上げてダウンロード3位、ルックアップは70位で総合4位に登場している。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『Future Pop』Perfume
2位『海のOh, Yeah!!』サザンオールスターズ
3位『TROUBLE』浜崎あゆみ
4位『スウィートナー』アリアナ・グランデ
5位『初恋』宇多田ヒカル
6位『BOOTLEG』米津玄師
7位『海のYeah!!』サザンオールスターズ
8位『Finally』安室奈美恵
9位『STAR OF WISH』EXILE
10位『ALL TIME BEST』UVERworld
11位『FULL MOON』HIROOMI TOSAKA
12位『Fling Posse VS 麻天狼』Fling Posse VS 麻天狼
13位『アンコール』back number
14位『PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts』PRODUCE 48
15位『Everybody!!』WANIMA
16位『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』V.A.
17位『Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW』Buster Bros!!!・MAD TRIGGER CREW
18位『miwa THE BEST』miwa
19位『CHASING THE HORIZON』MAN WITH A MISSION
20位『青春のエキサイトメント』あいみょん


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい