ポスト・マローン、プライベート・ジェット緊急着陸後に無事を報告

Billboard JAPAN

 2018年8月21日、ポスト・マローンのプライベート・ジェットが離陸直後にトラブルに見舞われ、緊急着陸した。幸い誰にも怪我はなく、「生きてるよ。いつでもロックできる状態だ」と本人が米ビルボードに対し公式のコメントを出した。
ポスト・マローンによる投稿

 現地時間の8月20日に開催された【MTV Video Music Awards】(VMAs)で「ロックスターfeat. 21サヴェージ」が<ソング・オブ・ザ・イヤー>を受賞したポスト・マローンは、ステージでパフォーマンスを披露した後、英ルートンのロンドン・ルートン空港へ向けてプライベート・ジェット機で出発した。ところが離陸直後に機体の左側のタイヤ2個がパンクしたため、まず米マサチューセッツ空港に誘導された飛行機は、最終的にニューヨーク・ニューウィンザーのスチュワート国際空港に緊急着陸した。

 安全が確認された後、ポスト・マローンはTwitterで、「着陸したよみんな。祈ってくれてありがとう」とファンに無事を報告したが、「このウェブサイトで俺に死ねって願ったヤツの多さに引いたわ。くたばれ。今日は死ななかったぞ、残念だったな」ともコメントした。


◎ポスト・マローンによる投稿
https://twitter.com/PostMalone/status/1031997717634076672

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック