結成20周年をお祝い! MONGOL800がひたちなかに沖縄旋風を巻き起こす【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

結成20周年をお祝い! MONGOL800がひたちなかに沖縄旋風を巻き起こす【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
結成20周年をお祝い! MONGOL800がひたちなかに沖縄旋風を巻き起こす【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】

結成20周年をお祝い! MONGOL800がひたちなかに沖縄旋風を巻き起こす【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】


 今年で結成20周年を迎えるMONGOL800が、8月4日に行われた【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】に出演。同フェス最大規模の収容人数を誇るGRASS STAGEで、欅坂46とTHE ORAL CIGARETTESという若手2組に挟まれながら、両者に勝るとも劣らないアグレッシブなパフォーマンスを披露した。
ライブ写真(全7枚)

 集まったファンのため、「あなたに」からスタートし「Love song」を届けたMONGOL800。「一緒にお祝いしてくれませんか?」とキヨサクが問いかけ、観客たちとともに今年結成20周年を迎えた3人を「HAPPY BIRTHDAY」で祝福した。「沖縄より熱いぜロックインジャパン!!」とモンパチの胸が躍り出してしまいそうなステージ。「愛する花」、「PARTY」と続き、さすが、モンパチ。枯れない3人であり、枯れさせない観客たちだと実感する。

 「もうちょっと沖縄の風を吹かせてもいいでしょうか?」と彼らのライブには欠かせないトランペット奏者のシーサー、沖縄出身パーティダンサーの粒マスタード安次嶺が登場!「OKIWANA CALLING」で会場の一体感も増す。

 ここでもう1人、スキャフルキング・サックス奏者のナリが登場。キヨサク曰く木村カエラの「バタフライ」を意識して作ったという新曲「honeymoon」を披露。トランペット、サックスが奏でるウェディング・マーチは、雲一つない空にしあわせの音色を放っていった。

 世代を越えて愛されてきた「小さな恋のうた」の大合唱は鳥肌が立つほど。その歌声は「DON'T WORRY BE HAPPY」へと続き、4日間にわたるフェスティバルの開幕を告げる合図のようだった。

 お父さんに肩車してもらっていた少年も、いつかはモンパチのライブで楽しんでいるのかと想像したら、まだまだ彼らを枯らすわけにはいかない。20周年どころでは物足りない。そんな熱気と水を注ぐ50分間だった。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい