故アヴィーチー、母国スウェーデン最大の音楽賞で“年間最優秀賞”を受賞 父親が代理で受け取る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故アヴィーチー、母国スウェーデン最大の音楽賞で“年間最優秀賞”を受賞 父親が代理で受け取る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故アヴィーチー、母国スウェーデン最大の音楽賞で“年間最優秀賞”を受賞 父親が代理で受け取る

故アヴィーチー、母国スウェーデン最大の音楽賞で“年間最優秀賞”を受賞 父親が代理で受け取る


 2018年8月15日、スウェーデン紙Aftonbladet主催の同国最大の音楽賞【Rockbjornen賞】の授賞式がストックホルムで開催され、故アヴィーチーことティム・バークリングの父親であるクラース・バークリング(Klas Bergling)が初めて公の場に姿を見せた。

 アヴィーチーの「Without You feat. Sandro Cavazza」が、<ソング・オブ・ザ・イヤー>にファン投票でノミネートされ受賞したためで、フィーチャー・ゲストのサンドロ・カヴァッザとともにステージに登場したクラースは、息子の代理として賞を受け取った。

 Aftonbladetの記事によると彼は、「皆さんがティムとサンドロに授与したこの素晴らしい賞について、そして“Without You”という素晴らしい曲に投票してくださった皆さんへ感謝の言葉を述べるために今晩ここに出席できる機会を与えられて嬉しいです。と同時に、そしてこちらが第一かもしれませんが、ティムと彼の音楽に対する皆さんからの素晴らしい全てのありとあらゆるトリビュートにありがとうと言いたいです。彼のファンや他の人々、教会、学校、フェスティバルをはじめとする多方面から(哀悼の意を伝えられました)。それはまるで理解し難いほどで、この辛い時期に私たち家族全員の心を温かくしてくれました。ですので、今一度皆さんにありがとうと言わせてください」と語ったそうだ。

 アヴィーチーは2018年4月20日に亡くなった。享年28歳だった。「Without You feat. Sandro Cavazza」は、2017年8月に発売された彼の最後のオフィシャル・リリース、『Avici (01)』からのシングルだった。

 彼の死後、数々の同僚がトリビュート・ソングを発表し、世界中のフェスティバルで彼の音楽がDJミックスで披露され、ファンが集会やフォーラムを開催して彼の死を悼んだ。彼の死はダンス・ミュージック・コミュニティにおけるメンタル・ヘルスとウェルネスに関する議論のきっかけとなっている。

 アヴィーチーの死因を公表する際、彼の遺族は、「彼は“有意性”、 “人生”、“幸せ”について深く悩んでいました。もう限界を迎えていました。彼は安らぎを見いだしたかったのです」と声明に綴っていた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい