【RSR2018】奥田民生/甲本ヒロト/尾崎世界観/峯田和伸らゲストが登場、スカパラのレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【RSR2018】奥田民生/甲本ヒロト/尾崎世界観/峯田和伸らゲストが登場、スカパラのレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【RSR2018】奥田民生/甲本ヒロト/尾崎世界観/峯田和伸らゲストが登場、スカパラのレポートが到着

【RSR2018】奥田民生/甲本ヒロト/尾崎世界観/峯田和伸らゲストが登場、スカパラのレポートが到着


 【RISING SUN ROCK FESTIVAL】20回目のアニバーサリーイヤーとなった今年のクロージングアクトに、東京スカパラダイスオーケストラが登場した。

 今回のスカパラのステージには、スペシャルゲストが7人発表されており、「and more」の文字も。始まる前から特別な日になるであろう期待感がSUN STAGEに充満している。そして、ステージに登場したのはドラムの茂木欣一と、ライジングサン皆勤賞の男・中村達也。2人によるドラムバトルで火蓋が切られ、続々とスカパラメンバーがステージへ。このスペシャルなステージを前に、「一生懸命作ってきたオリジナルの数々を披露できると思うとうれしいよ。普段は寝て夢見てる時間だと思うけど、起きて夢を見ましょう!」とこみ上げる気持ちを堪えながら語る谷中の言葉には、誰よりもメンバーがこの日を待ち望んでいたことが伝わってくる。

 2人目のゲストとなる奥田民生がムードたっぷりに「美しく燃える森」を、さらに追加ゲストであるチバユウスケ(The Birthday)が登場しハスキーな歌声で「カナリヤ鳴く空」を唄い上げる。バンドでコラボした「流れゆく世界の中で」で温かい空気を生み出したキヨサク(MONGOL800)がステージを去ると、うねるベースラインに乗って2人目の追加ゲストのTOSHI-LOW(BRAHMAN)がフードをかぶって登場。フードを脱ぐと何故かハーフパンツ一丁で、そのまま「野望なき野郎どもへ」の雄叫びのような力強い歌声をSUN STAGEにお見舞いする。ちなみに、急きょ出演が決まったということで、スーツを用意してもらえなかっために、この装いなんだそう。

 さらに台風のように目まぐるしくスカパラの面々と豪華ゲスト陣のセッションが続いていく。次にステージに登場したのは、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)だ。ピンクのジャケットを身に纏い、子供のように大きく足を上げたり、スカのステップを踏みながら「星降る夜に」を披露。キーボード沖のドラマチックな演奏が終わり、ふと上を見上げると、だいぶ空が明るくなってきている。8人目のゲストとなる尾崎世界観(クリープハイプ)が「爆音ラヴソング」を、色気たっぷりに「白と黒のモントゥーノ」を斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)が唄い紡ぐ。そして最後のゲストとなる峯田和伸(銀杏BOYZ)が登場し、唄うのは「ちえのわ」。テンション上がりすぎた峯田は、途中ステージからお立ち台へ大ジャンプ! 谷中にその行動を注意されながらも(笑)、お互いに抱き合って、昨年に続きこの場所でセッションを行えた喜びをぶつけ合う。そして、朝方に唄いたかったという「めくれたオレンジ」を軽快に、しかし濃厚なセッションを魅せた。

 すべてのゲストが嵐のように去っていったあと、「まだまだ行くぞー!」という谷中の合図で最高点へ達したSUN STAGE。本編ラストは、「DOWN BEST STOMP」。この2日間で一番の手拍子が巻き起こる。そして興奮冷めやらぬ様子で、そのままアンコールの「Paradise Has NO BORDER」へ突入。ゲスト全員がステージに揃い、スカパラメンバーはお立ち台に並ぶとそれぞれの楽器を大きく動かしながら、圧巻のグルーヴでSUN STAGEがひとつにしていった。「生きてるって気がしたぜ!」と谷中が言葉を残し、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO】の幕を下ろした。まるで本当に夢のような奇跡の時間。あいにく朝日は見られなかったが、雲の隙間からはたしかに青空が顔をのぞかせ、新しい日の始まりを告げていた。

 【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO】は1999年からスタートし、今年で20回目。全ての入場券がソールドアウトとなり、計74,000人が入場した。なお、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO】は2019年8月16日、17日に開催される。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい