トニー・ベネットとダイアナ・クラール、デュエット・アルバム発売決定!ガーシュウィン兄弟作の名曲収録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トニー・ベネットとダイアナ・クラール、デュエット・アルバム発売決定!ガーシュウィン兄弟作の名曲収録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トニー・ベネットとダイアナ・クラール、デュエット・アルバム発売決定!ガーシュウィン兄弟作の名曲収録

トニー・ベネットとダイアナ・クラール、デュエット・アルバム発売決定!ガーシュウィン兄弟作の名曲収録


 トニー・ベネットとダイアナ・クラールのデュエット・アルバムが、9月14日に全世界同時リリースされることが、トニーの92回目の誕生日である本日8月3日に発表された。

 過去10年間のアルバム・セールスが合計1,000万枚(2作品が全米チャート1位を獲得)を誇る現役最高峰の“キング・オブ・ジャズ・ヴォーカル”ことトニー・ベネットと、8作品が全米ジャズ・チャート1位に輝く“ジャズ・ヴォーカルの女王”ことダイアナ・クラール。

 トニーとダイアナは2000年にツアーを一緒にまわり、トニーの2枚のアルバム『ウィズ・マイ・フレンズ』(2001年)、『デュエッツ:アメリカン・クラシック』(2006年)にダイアナがゲスト参加しデュエットを披露するなど、20年以上にわたり友情を育んできたが、今回満を持してフル・アルバムを完成させた。

 アルバムでは、20世紀アメリカが生んだ最高の作曲家=ジョージ・ガーシュウィンの生誕120周年を祝し、グラミー常連のビル・チャーラップ・トリオをバックに、スタンダード・ナンバーとして現在も歌い継がれるジョージ&アイラのガーシュウィン兄弟作の名曲の数々を録音した。

 発売元のヴァーヴ・レーベル・グループの社長兼CEOであり、アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたダニー・ベネットは、次のようにコメントしている。「トニー・ベネットとダイアナ・クラールがガーシュウィン兄弟の名曲を歌うということは、歌手とソングライティングの実に完璧で芸術的な組み合わせです。スペシャルなパフォーマーをスタジオに連れて行き、ガーシュウィンのソングブック集を彼らの前に置く。これは、それが必然的なものであると聴けばすぐに理解できる、そんな類の作品です」

 2018年の最重要ジャズ・ヴォーカル・アルバムとして話題となること必至の作品。国内盤は、通常盤CDに加えて、貴重なデュオ・パフォーマンス映像を数曲分収録したボーナスDVD付デラックス・エディションも発売される。iTunes Storeではアルバムの予約がスタートしており、予約すると「ファシネイティング・リズム」が先行してダウンロードできる。


◎リリース情報
アルバム『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』
2018/9/14 RELEASE
<デラックス・エディション>
UCCV-9677 3,564円(tax in.)
<通常盤>
UCCV-1173 2,808円(tax in.)

◎収録曲
1. スワンダフル
2. マイ・ワン・アンド・オンリー
3. バット・ノット・フォー・ミー (ダイアナ・クラール・ソロ)
4. 首尾よく行けば
5. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
6. アイ・ガット・リズム
7. サムバディ・ラヴズ・ミー
8. ドゥ・イット・アゲイン
9. アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
10. ファシネイティング・リズム
11. 誰にも奪えぬこの想い
12. フー・ケアズ? (トニー・ベネット・ソロ)
13. いつの頃から (ダイアナ・クラール・ソロ)*
14. ア・フォギー・デイ (トニー・ベネット・ソロ)*
*ボーナス・トラック


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい