石川さゆり、123rdシングル表題曲「花が咲いている」MV公開 真夏の巣鴨でロケ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川さゆり、123rdシングル表題曲「花が咲いている」MV公開 真夏の巣鴨でロケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
石川さゆり、123rdシングル表題曲「花が咲いている」MV公開 真夏の巣鴨でロケ

石川さゆり、123rdシングル表題曲「花が咲いている」MV公開 真夏の巣鴨でロケ


 石川さゆりの新曲「花が咲いている」のミュージック・ビデオがショート・サイズで公開された(https://youtu.be/fcDK2niTeNE) 。

 サウンド・プロデューサーに亀田誠治、作詞・作曲に水野良樹(いきものがかり)、ビジュアル・プロデューサーに箭内道彦を迎えた新曲「花が咲いている」。公開されたビデオは、人それぞれ心に咲いている“花”をコンセプトに、全編真夏の巣鴨でロケを敢行。街で暮らす人々の笑顔が詰まった作品となっている。

 併せて、8月15日のCD発売に先駆け、8月1日午前0時より「花が咲いている」の配信もスタートした。


◎石川さゆりコメント
みんな汗だらだら、夏真っ盛りの撮影で、昼日向、夏の撮影というのは初めてで、すごく楽しかったです。初めて巣鴨にお邪魔して、とげぬき地蔵とその商店街で撮影をしました。プロデュースの箭内道彦さんから、すごくエネルギーのあるところだからいってみましょうということで、今回はじめてきてみました。
巣鴨というと、おばあちゃんの原宿というイメージだったのですが、実際に来てみると若い方、外国の方、またもちろん何十年もこの土地でずっと暮らしている方々もいて。
今回はお魚屋さん、お茶屋さん、ごはんやさん。そこのお父さんやお母さんたちと歌を歌いました。魚屋さんは大正時代から、お茶屋さんは この土地で百年やってます、とか。とげぬき地蔵がパワースポットと聞いていましたが、それだけじゃなくてみんな笑顔が本当に素敵で元気があって、それぞれのみなさんの笑顔に“人生”っていうと重いんですが…生きてるんだ!というパワーを感じました。時代をこの巣鴨で生きていたんだなというパワースポットに負けないエネルギーを感じました。
今回の歌は、さよなら明日へ、という歌詞が出てくるんですが今日いろんなことがあっても、明日はきっといいことあるよ!明日に向かってまた歩き出そうという歌です。
とげぬき地蔵で暮らしているみんなとこの歌を歌って私もたくさん元気をもらいました。
みなさんもきっと、見るだけで巣鴨のみなさんのパワーをもらえるんじゃないかなって思います。

◎配信情報
シングル『花が咲いている』
2018年8月1日(水)00:00~ 全曲先行配信


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい