チャラン・ポ・ランタン、本編を通して一つの物語が完結した全国ツアーファイナル公演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チャラン・ポ・ランタン、本編を通して一つの物語が完結した全国ツアーファイナル公演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チャラン・ポ・ランタン、本編を通して一つの物語が完結した全国ツアーファイナル公演

チャラン・ポ・ランタン、本編を通して一つの物語が完結した全国ツアーファイナル公演


 チャラン・ポ・ランタンが、全国ツアー【チャラン・ポ・ランタン ホールツアー2018 唄とアコーディオンの姉妹劇場 ~ページをめくって~】のファイナル公演を、2018年7月29日に大阪市中央公会堂にて開催した。
ライブ写真(全4枚)

 今回のツアーは、6月からスタートした姉妹二人編成のライブで、 全国12公演を実施。コンセプトはツアータイトルから連想し、ページをめくる“紙”をテーマに、真っ白な空間をイメージ。手作りのステージセットや衣装には真っ白な紙を使用するなど、チャランポらしいオリジナリティ溢れる世界観を作り出した。

 本編では、何にも染まらないまっさらな気持ちを感じてもらうようにと、このツアーでしか聴けない未発表の新曲を多数披露。ど頭から新曲「春のあお」で始まり、6月にリリースされた新曲「ページをめくって」や「juu-juu」、また、これまで発表された二人の歴史を感じることのできる楽曲たちを、畳み掛けるようにパフォーマンスしていく。

 そして、本編のラストにも未発表の新曲「あの丘の向こう」を披露。途中、セットリストの間には地面に撒かれた紙を拾い、物語を読むシーンが数回見受けられたが、実はこの楽曲の歌詞を朗読しており、本編を通して一つの物語が完結する演出に、会場からは惜しみない拍手が沸き起こった。

 アンコールでは、現在『小学館の図鑑NEO』CMソングとして放送中の新曲「ガリレオ」や、自身の代表曲「進め、たまに逃げても」「ムスタファ」を披露。そして「最後の晩餐」で締めくくられると、会場のオーディエンスは総立ちとなり、惜しみない拍手がステージ上の二人に贈られた。

 なお、MCでは、結成10周年を記念した一夜限りの特別なライブ【10周年目突入記念公演”大拍乱会”】を、11月23日に東京・NHKホールで開催することを改めて発表した。チケット一般発売日は9月23日。



◎ライブ情報
【チャラン・ポ・ランタン「10周年目突入記念公演”大拍乱会”」】
2018年11月23日(金・祝)東京・NHK ホール


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい