『7月28日はなんの日?』現ディープ・パープルを支える“救世主”、スティーヴ・モーズの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『7月28日はなんの日?』現ディープ・パープルを支える“救世主”、スティーヴ・モーズの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『7月28日はなんの日?』現ディープ・パープルを支える“救世主”、スティーヴ・モーズの誕生日

『7月28日はなんの日?』現ディープ・パープルを支える“救世主”、スティーヴ・モーズの誕生日


 7月28日はロック・ギタリスト、スティーヴ・モーズの64歳の誕生日。

 スティーヴ・モーズは1954年7月28日、アメリカ・オハイオ州ハミルトン生まれ。1970年代にディキシー・ドレッグスのギタリストとしてシーンに頭角を現し、その後はスティーヴ・モーズ・バンド、90年代以降はディープ・パープルのギタリストとしても活動を続けているスティーヴ・モーズ。高度なテクニックとジャズやカントリーなどさまざまな要素を取り入れたセンス溢れるプレイで、リッチー・ブラックモア脱退後のバンド再建に貢献。バンドの“救世主”としてメンバーやファンに愛されている。また、モーズはそれらの活動の合間を縫って2012年に元ドリーム・シアターのマイク・ポートノイらとプログレッシヴ・ロック・バンド、フライング・カラーズを結成。これまでに2枚のアルバムをリリースしている。

 2018年で結成から50年を迎えたディープ・パープル。現在は欧州ツアーの最中で、8月にはジューダス・プリーストとの北米ツアー、10月には来日公演も控えている。なお、これらは昨年春より続いている【ザ・ロング・グッドバイ・ツアー】の一環となっているが、バンドからはこれが最後のツアーになるという趣旨の公式発表はされていない。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい