SHINee、東京ドームにて開催された初のファンイベントのレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SHINee、東京ドームにて開催された初のファンイベントのレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
SHINee、東京ドームにて開催された初のファンイベントのレポートが到着

SHINee、東京ドームにて開催された初のファンイベントのレポートが到着


 SHINeeが、7月26日に東京ドームにて、ファンイベント【SHINee WORLD J presents~SHINee SPECIAL FAN EVENT~】を開催した。
イベント写真(全7枚)

 本イベントは、ファンの投票でランクインした楽曲を中心に届けるスペシャルライブ。ファンが選んだ楽曲やメンバーが選んだ楽曲が歌唱され、さらには8月1日にリリースされるニューシングル「Sunny Side」を含む新曲4曲を初披露。SHINeeとファンが気持ちの距離感を近くして、一体となって盛りあがるステージが繰り広げられた。

 東京ドームのアリーナ中央に設置された360度ステージにSHINeeが登場すると、超満員の大歓声。まもなくして、ファン投票による部門別のトップ10から楽曲が歌唱されていく。

 まず、ダンスパフォーマンス部門で披露されたのは「Everybody」。レーザーが飛び交う中、SHINeeはパワフルなダンスと歌で観客のテンションを一気にあげていく。続けて、ダンサーとともにエレクトロニックダンスチューン「Picasso」を投下。SHINeeは、ジャケットを使った激しいパフォーマンスを見せる。「Tell Me Your Name」では、ムービングステージを使い、アリーナ上空でセクシーなパフォーマンスを披露しファンを魅了した。

 メンバーズチョイス部門では、まず、テミンの選んだ「Sherlock」が歌唱される。ステージをたっぷりと使ったフォーメーションダンスは圧巻。オンユが選んだのは「3 2 1」。ノリノリのナンバーに合わせて、メンバーは4方に伸びた花道に飛び出しパフォーマンス。ドーム全体を熱狂させていく。キーが選んだのは「View」。メンバーは、繊細なメロディが響くクールなサウンドで幻想的なダンスを繰り広げる。ミンホが選んだのは「君のせいで」。感情を乗せたエモーショナルな歌とダンスは、強力なエナジーを放った。

 続いてはバラード部門。ミディアムチューン「1000年、ずっとそばにいて」では、伝えたい思いを届けるような、サビのファルセットボーカルが伸びやかに広がる。「Keeping love again」では、深い愛の思いを感情を込めて歌っていく。そして、優しいメロディの広がる「Colors of the seasons」。これからも一緒に歩いていこうという心情を、力いっぱい歌うSHINee。彼らの歌の説得力に、観客は大きな拍手を送った。

 次のセクションは、ファンのフェイヴァリットソングの中から歌われた。「LUCKY STAR」と「To Your Heart」で、メンバーは気球に乗り込み高々と上昇。上の階の観客にもしっかりと手を振り、ドーム全体をハッピーなバイブスで包む。「Kiss Kiss Kiss」でトロッコに乗り込むと、メンバーはボールやフリスビーをファンにプレゼント。そして、ステージへと向かったメンバーは、ドラマチックな「Diamond Sky」を披露する。メンバーと全観客が、指で作ったダイヤモンドポーズを上に掲げてサビを大合唱。銀テープが宙を舞い、感動的なシーンとなった。「Good Evening」と「I want you」のMVのティザー映像が流れたあと、メンバーはニューシングルからの「Good Evening」を披露。椅子を使った個性的なパフォーマンスや、見事に揃ったダンスで観客の心をグッと惹きつけた。

 MCでテミンは「Good Evening」を日本語で披露するのが初めてで緊張もしましたけど、無事歌えてよかったです」と語ると、キーは「いつも日本の活動だけじゃなくて、全ての活動を応援してくれてありがとうございます」とファンへの感謝を口にした。そして、オンユが「次の曲は、僕たちがみなさんを考えて歌詞を書きました。僕たちの思いを感じて欲しいです」と語って、新曲「Sunny Side」を歌唱する。“大丈夫、少し会えなくなっても、必ず戻るよ”というメッセージをしっかりと届けるSHINee。彼らのストレートな言葉に、観客は長い拍手を送った。

 そして、韓国で発売された新曲「Our Page」を歌唱。“終わらないこの小説ページ、最後まで一緒に綴ろう”という歌詞がファンの胸を突き、観客の拍手は鳴り止まない。最後の曲として歌われたのは、もうひとつの新曲「I want you」。再び出会いを願う歌詞が乗ったトロピカルハウスチューンがドームに響き渡った。

 全ての曲が披露し終わったあと、メンバーがスタンドを見て「おー?なに?なに?」とざわめきたつ。ファンからのサプライズで、スタンドに“we are proud of you”(私たちは、あなたたちを誇りに思います)の文字が浮かんだ。

 ファンからのメッセージに感極まるメンバーは、本イベントの思いをそれぞれが語っていった。「今まで応援しててくれたみなさんありがとうございました。みなさんからもらった愛は、温かく僕の中で大事にします。これからも温かさを大切にして、また戻ってきます」(オンユ)「この景色は絶対忘れないし、いつも幸せな気持ちになります。少しの間待ってもらうけど、またSHINeeとして会いにきます。みなさん、待っててください!!(小指を上げて)みなさん、今、約束してください!」(テミン)「(東京ドームという)こんなに大きくて意味のある場所で、イベントができてうれしかったです。みなさん、これからもSHINeeを応援してくれるとうれしいです。離れていても、みなさんと心は一緒です。みなさんがいつもSHINeeの希望です!」(ミンホ)「来てくれたみなさん、ありがとうございます。僕らの、新しい音楽、今までの音楽を聴いてもらいました。ランキングも楽しかったですし、ほんと感謝の気持ちでいっぱいです。またこうして、SHINeeとしてみなさんに会うことが願いです。それまで待っていてください。ありがとうございました!」(キー)

 しっかりと自分の気持ちを語ったメンバーは、“僕たちは、輝くSHINeeです!”と挨拶。ドームの全方向の観客に挨拶をし、イベントは終了となった。SHINeeの楽しさ、かっこよさ、新しい姿と、あらゆる魅力を伝えた、全ての観客の思い出に残る温かく感動的な一夜となった。

 明けて、本日7月27日には、ニューシングル「Sunny Side」のデジタル先行配信がスタート。また夕方には、六本木ヒルズで開催されるテレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り【コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE】に出演する。また、7月28日、29日、30日と【SMTOWN LIVE 2018 IN
OSAKA】に出演し、7月31日にはダイバーシティ東京 プラザ、2Fフェスティバル広場で行われるニューシングル「Sunny Side」リリース記念『SHINee×J-WAVE「STEP ONE」トーク&ライブイベント』に出演するなど、この夏をさらに盛り上げていく。


◎イベント情報
【SHINee WORLD J presents ~SHINee Special Fan Event~】
2018年7月26日(木)
東京・東京ドーム
<セットリスト>
1. Downtown Baby
2. Everybody
3. Picasso
4. Tell Me Your Name
5. Sherlock
6. 321
7. View
8. 君のせいで
9. 1000年、ずっとそばにいて…
10. Keeping love again
11. Colors of the seasons
12. LUCKY STAR
13. To Your Heart
14. Kiss Kiss Kiss
15. Diamonnd Sky
16. Good Evening
17. Sunny Side
18. Our Page
19. I want you

◎配信リリース情報
Single『Sunny Side』
2018/7/27 RELEASE
<収録曲>
1. Sunny Side
2. Good Evening (Japanese Ver.)
3. I Want You (Japanese Ver.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい