LA新世代ジャズを牽引する鍵盤奏者ブランドン・コールマン、カマシらWCGDメンバーも集結した最新アルバムのリリースが決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

LA新世代ジャズを牽引する鍵盤奏者ブランドン・コールマン、カマシらWCGDメンバーも集結した最新アルバムのリリースが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
LA新世代ジャズを牽引する鍵盤奏者ブランドン・コールマン、カマシらWCGDメンバーも集結した最新アルバムのリリースが決定

LA新世代ジャズを牽引する鍵盤奏者ブランドン・コールマン、カマシらWCGDメンバーも集結した最新アルバムのリリースが決定


 ブランドン・コールマンが、フライング・ロータス主催のレーベル〈BRAINFEEDER〉から、新アルバム『Resistance』をリリースする。

 カマシ・ワシントン、サンダーキャットらと共にLA新世代ジャズ・シーンを牽引するメイン・プレイヤーにして、スティーヴィー・ワンダーやアース・ウィンド&ファイアといったレジェンドから、チャイルディッシュ・ガンビーノ、アリシア・キーズ、ベイビーフェイス、ケンドリック・ラマー、そしてもちろんフライング・ロータスまで、錚々たるアーティストに絶対不可欠なファンキー&グルーヴを注ぎ込む鍵盤奏者のブランドン・コールマン。

 カマシ・ワシントンやマイルス・モズレー、ライアン・ポーターらLAジャズ集団WCGD (ウェスト・コースト・ゲット・ダウン) のメンバーが集結した待望の最新アルバム『Resistance』。アルバムの発表に合わせて、カマシ・ワシントンも参加したリード・シングル「Giant Feelings」のMVも公開された(https://youtu.be/tgMHcBx_eKQ)。本楽曲はもともと、カマシ、マイルス・モズレー、ロナルド・ブルーナー・ジュニア、サンダーキャットことスティーヴン・ブルーナーら、WCGDメンバーらとプレイすることを目的に書かれたという。

 本作『Resistance』では、パーラメント/ファンカデリックのジョージ・クリントンやザップから、ドクター・ドレー、DJクイック、デイム・ファンクにわたる、ファンク王朝の正統な後継作であると同時に、ブランドンにとってのヒーローたち、ハービー・ハンコック、ピーター・フランプトン、ロジャー・トラウトマンといった先駆者の自由と実験の精神を称え、ファンクの新時代の到来を高らかに告げる内容となっている。

 本作の主な録音メンバーには、カマシ・ワシントン(サックス)、ライアン・ポーター(トロンボーン)、ロバート・ミラー(ドラムス)、ミゲル・アトウッド・ファーガソン(ヴィオラ、ヴァイオリン)ほか、クリストファー・グレイ(トランペット)、ジーン・コイ(ドラムス)、オスカー・シートン(ドラムス)、ジェイムズ・アレン(パーカッション)、センミ・モウレイ・エルメーダウィ(ギター)らが参加。新たに新進女性ヴァイオリン奏者のイヴェット・ホルツヴァルトほか、コリー・メイソン(ドラムス)、ビリー・オドゥム(ギター)らセッション・ミュージシャンが脇を固め、カマシのバンドのリード・シンガーとして知られるパトリース・クイン、ゴスペルをルーツに持つネオ・ソウル系名シンガーのエンダンビほか、シーラ、ドミニック・シロー、トリシア・バッターニら多彩なヴォーカル陣が名を連ねている。

 1980年代のブギー・ディスコ調のスタイルは、現代ならタキシードからデイム・ファンクなどに通じるもので、ジャズ以外の幅広い音楽ファンにもアピールする力を持っている。ハービー譲りのコズミックなメロウネス、スティーリー・ダン譲りのポップさも垣間見られる一方、LAのSOLAR Records、そしてPファンクやザップ、ロジャー・トラウトマンなどの流れも彷彿とさせる。ミディアム~スロー・ナンバーも秀逸だ。2017年を代表する名アルバムとなったサンダーキャットの『Drunk』と同じベクトルで、ジャズ、ファンク、ソウル、ブギー、AORなどのエッセンスをブレンドした現代のアーバン・ブラック・コンテンポラリー・サウンドが、ここに完成した。


◎リリース情報
アルバム『Resistance』
2018/9/14 RELEASE
<国内盤CD>
BRC-573
ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい