ブラック・アイド・ピーズ、政治的メッセージが込められた新曲「Get It」リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブラック・アイド・ピーズ、政治的メッセージが込められた新曲「Get It」リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ブラック・アイド・ピーズ、政治的メッセージが込められた新曲「Get It」リリース

ブラック・アイド・ピーズ、政治的メッセージが込められた新曲「Get It」リリース


 2018年7月10日、ブラック・アイド・ピーズ(BEP)がニュー・シングル「Get It」リリースし、ミュージック・ビデオも公開した。
ブラック・アイド・ピーズ MV

 BEPは現在ファーギーを除くウィル・アイ・アム、アップル・デ・アップ、タブーの3人体制で活動している。今年1月にリリースされたシングル「ストリート・リヴィン」同様、新曲のMVも政治的メッセージが込められた内容となっている。

 「Get It」のMVでは警察官が歩道で若い黒人男性を組み伏せたり、ラテン系ギャングを逮捕している様子がゆっくりと移動するカメラで捉えられているが、最後の方でこの視点が米国の政治家らしき人物が公用車の中から眺めているものであることが明らかになる。現代アメリカの社会問題を正面から扱った内容となっており、ビデオの最後に“憎悪を常態化するな”、“みんなに愛を”とメッセージが表示される。

 ニュー・シングルと共に8年ぶりのヨーロッパ・ツアーも発表された。BEPのツアーは10月27日に英ロンドンで開幕し、バーミンガム、マンチェスター、グラスゴー、ミルトン・キーンズの5都市を回る。チケットは現地時間の7月13日から発売される。


◎「Get It」MV
https://youtu.be/qj0ZEtePacw

◎ツアー日程
10月27日 London @ Eventim Apollo
10月29日 Birmingham @ O2 Academy Birmingham
11月1日 Manchester @ O2 Apollo Manchester
11月2日 Glasgow @ The SSE Hydro
11月3日 Milton Keynes @ Arena MK


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい