中川翔子「10年後もまた戻ってきたい」10年ぶりにLAに降臨、オールアニソンで4,000人が大熱狂 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中川翔子「10年後もまた戻ってきたい」10年ぶりにLAに降臨、オールアニソンで4,000人が大熱狂

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
中川翔子「10年後もまた戻ってきたい」10年ぶりにLAに降臨、オールアニソンで4,000人が大熱狂

中川翔子「10年後もまた戻ってきたい」10年ぶりにLAに降臨、オールアニソンで4,000人が大熱狂


 中川翔子が7月7日、アメリカ・ロサンゼルス Microsoft Theaterにて開催された【Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018 - Japan Kawaii Live -】に参戦、AKB48 Team8・アイドルマスター シンデレラガールズ・i☆Risら、他豪華共演者とともに、約4,000名もの観客を動員した。

 中川がLAでライブを行うのは、2008年に開催された【Anime Expo 2008】以来約10年ぶり。今回はイベントのトリとして登場し、全7曲、オールアニメソングで圧巻のステージを見せた。

 アニメ『ポケットモンスター XY』の主題歌「ドリドリ」からライブスタート。ステージ上の中川にスポットライトが当たると、待ちわびた4,000人のファンの大歓声とともに会場にはサイリウムが一斉に点灯した。1曲目から会場のボルテージも最高潮に到達すると、「10年前、ここでライブをしたとき、まだ独りぼっちだったけど、私にはアニメソングがありました。そしてこの10年間で、たくさんのアニメソングと出会いました」と英語で語りかけ、10年前にLAで撮影したというミュージックビデオをバックに、映画『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』主題歌「続く世界」を熱唱した。

 続けて、アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の主題歌「RAY OF LIGHT」、そしてアニメ『魔法陣グルグル』の主題歌「Magical Circle」と、自身が務めてきたアニソンを立て続けに披露すると、ファンも楽曲にあわせてサイリウムの色を赤やピンクに変化させて応えていった。

 ここまで4曲を歌いきると「私はアニメソングを歌っています。そして声優もやっています。『塔の上のラプンツェル』『セーラームーン』『ドラゴンボール』『ポケモン』そして『聖闘士星矢』などのアニメに出演させていただきました」と、この10年での活動を英語で説明し、アニメ『聖闘士星矢Ω』主題歌で、MAKE-UPとのコラボシングル「ペガサス幻想 ver.Ω」を披露した。

 6曲目は、中川の“マイフェイバリットアニメソング”であり、自身も過去にカバーした経験のあるアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌唱。サビでマイクを客席に向けると、会場のファンは日本語で大合唱。中川も思わず「ウィーアーオタク!」と叫ぶほど、国境を越えてアニメソングで会場が一体感に包まれた。

 興奮冷めやらぬステージで自身のスマホを手に取った中川は、4,000人のファンをバックに自撮りで記念撮影。「また新しい夢が見つかりました!また10年後にここに戻ってきたい!10年と言わず、また来年もみんなに会いたい!」と決意を述べると、会場のファンも大歓声でエールを送った。

 最後に「この曲が私の人生の曲です。レッツエンジョイトゥギャザー!」と投げかけると、自身の代表曲であるアニメ『天元突破グレンラガン』の主題歌「空色デイズ」のイントロが流れ出す。同時にステージ上のビジョンに、アニメの映像が映し出されると、客席の歓声はまるで怒号のように響き渡り、まさにこの日最高潮の盛り上がりを見せることとなった。

 全7曲、オールアニメソング、拙いながらも、英語のMCで、1曲1曲アニメソングに込めた想いや、10年ぶりにLAの地で歌える喜びを全力で届けた。その想いに応えるように客席の最後尾まで点灯したサイリウムの景色は、この10年で成長した彼女だからこそ作り出せたものだった。これからさらに10年先まで、今後の活躍に期待を抱かせる中川翔子の圧巻のステージは、大熱狂のなか幕を閉じた。


◎イベント情報
【Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018 - Japan Kawaii Live -】
2018年7月7日(土)
アメリカ・ロサンゼルス Microsoft Theater


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい